ドローンの未来を発掘するエンターテインメントマガジン DRONE NEXT

EDACが埼玉県上尾市のドローンによる情報伝達・避難訓練実施に協力

Google+

自治体の防災対策にドローン活用を推進

一般社団法人 救急医療・災害対応無人機等自動支援システム活用推進協議会(以下 EDAC)は、2020年8月23、上尾市主催による「令和2年度上尾市情報伝達・避難訓練」の実施協力を行った。
埼玉県上尾市では、2020年7月よりドローンやスマートフォン等からの取得情報を地図上に集約し共有する位置情報付きリアルタイム情報共有システム「Hec-Eye」を試験導入し、今回の訓練もEDACが提案する「Hec-Eyeを活用した新しい防災訓練」として実施している。

新型コロナウイルスの影響が収まらない現在、感染症からも災害からも身を守るための「新しい防災訓練」が求められている。EDACでは新しい防災訓練の形として、ドローンやスマートフォン等の各種IoT機器から取得してきた情報を地図画面上に集約して、遠隔から確認できるリモート情報共有プラットフォーム「Hec-Eye」を用いた災害対応のリモート化を提案している。


今回の訓練では、市民体育館等の避難所から災害対策本部へドローン及びスマートフォンによる映像中継を行い、現場の情報収集を支援した。上尾市の自治体はドローンやスマートフォンによる映像中継を活用することで、遠隔でも効率的に情報収集を行えることを確認し、Hec-eyeを高く評価した。

EDACは今後もドローンをはじめとする先端技術の活用等を推進していくため、災害対応をリモート化した「新しい防災訓練」を自治体と連携して各地で実施していく予定。コロナ禍での防災訓練を検討中の自治体・消防関係者については、無償での実施サポートを行っている。
※企画や運営サポート、機材・システムのレンタルは全て無償。移動交通費のみ負担する場合もある。

■新しい防災訓練とは
EDACでは、これまでも全国の自治体の防災訓練のサポートを行ってきた。ドローンやスマートフォン等の各種IoT機器から取得してきた情報を地図画面上に集約して遠隔から確認できるリモート情報共有プラットフォーム「Hec-Eye」を用いることで、現場の情報を本部や各地に映像伝送することで、災害対応のリモート化を実現している。

コロナ禍における防災訓練は、有事における災害対応のリモート化=「新しい災害訓練」を可能にする。


@一般社団法人 救急医療・災害対応無人機等自動支援システム活用推進協議会-Hec-Eye

「いいね!」を押して
ドローンの最新情報をGET

Twitter で

この記事は私が書きました。