ドローンの未来を発掘するエンターテインメントマガジン DRONE NEXT

観賞用やインテリアにも最適な本物の魚のように泳ぐ水中ロボット「MIRO-5」を発売

Google+

魚の動きとサイズ感を忠実に再現した観賞魚ロボット

+Style MIRO-5販売価格 6万4800円(税込)

見たことのない”ミライ”の商品が集まるIoTショールームの+Styleは、本物の魚のように体を動かして泳ぐロボット「MIRO-5」(出品者:JBS、メーカー:AIRO Inc.)を、2019年5月20日に発売する。販売開始に先立ち、予約受け付けを本日より開始する。なお、一般消費者向けとして初めて、+Styleが日本国内向けに販売する。

MIRO-5は、手のひらサイズのロボットフィッシュ。体が複数のパーツで構成されており、スクリューではなく関節を動かして遊泳するほか、浮き袋の制御により上下方向にも遊泳可能。

レーザーセンサー4個と自動遊泳アルゴリズムを搭載し、前方と左右、下方の4方向の障害物を感知・回避する。なお、アルゴリズムによる自動遊泳に加えて、Androidアプリで泳ぐ方向を手動で操作可能。
※iOSアプリは2019年5月以降に公開予定

2,000mAhのバッテリーを搭載することで、連続8時間の動作を実現。関節を動かすモーターには、メタル製ギアを採用することで、高い耐久性を備えた。なお、万が一の故障に備えて関節ブロックの交換パーツも付属しており、安心して長期間利用できる。AIRO Inc.は、MIRO-5のほかに、より大きなMIRO-7やMIRO-9、MIRO-21を開発しており、今後の販売を検討している。

MIRO-5

 

「MIRO-5」主な仕様


@+StyleーMIRO-5

「いいね!」を押して
ドローンの最新情報をGET

Twitter で

この記事は私が書きました。