ドローンの未来を発掘するエンターテインメントマガジン DRONE NEXT

日本初!プロフェッショナルドローンレースチーム『RAIDEN RACING』発足!

Google+

DRONE SPORTS株式会社は、日本初となるプロフェッショナルドローンレーシングチーム『RAIDEN RACING』(以下 RAIDEN)を発足する。RAIDENは、ヨーロッパ最高峰のプロフェッショナルドローンレースリーグ『Drone Champions League』(以下DCL)へ参戦するドローンレースチームだ。

◆ 新時代スポーツで日本に、世界に、熱狂と感動を与える
RAIDENは日本初のプロフェッショナルドローンレースチームとして、世界の人々が憧れるプロスポーツチームになる事を目指している。新しい”モータースポーツ”としての、リアルドローンレースの認知向上に貢献するとともに、ドローンレースEスポーツチームとしても活動する。RAIDENは新時代のスポーツで日本に、世界に、熱狂と感動を与えていく。

◆ 『日本最速の男』『ドローンクラッシャー』『インドネシアNo.1パイロット『ドローンレース界のプリンス』10代を3人含む、個性豊かな4人のRAIDENパイロットが、一丸となって世界No.1を目指す

【RAIDENパイロットプロフィール】
・『日本最速の男』後藤 純一(37歳)
2017年Japan Drone League(以下JDL)でシーズン年間ランキング1位に輝く。
RAIDENパイロットキャプテンとして、チームを牽引。

・『ドローンクラッシャー』阿左見 和馬(17歳)
ドローンレース歴わずか5ヵ月で2017年7月のJAPAN DRONE NATIONALS 2017を優勝。JDL2017年シーズン年間ランキング3位。日本代表として世界大会に出場した経験を持つ現役高校生パイロット。

・『インドネシアNo.1パイロット』Axel Mario(アクセル マリオ)(13歳)
2018 Indonesia Drone Racing World Cupで世界2位、インドネシア人として1位に輝いた。
現役中学生でありRAIDEN随一の外国人パイロット。

・『ドローンレース界のプリンス』鈴木 匠(13歳)
ドローンレース歴1年、JDL2017シーズン年間ランキング4位入賞の現役中学生パイロット。
RAIDEN最年少の『ドローンレース界のプリンス』。

◆ ヨーロッパ最高峰リーグ、DCLへの挑戦

DCLは2016年オーストリアで行われた大会を皮切りに、2017年から世界転戦リーグを始動し、世界5カ国の象徴的な場所で開催している。大会の様子は、27局のTVパートナーから世界76カ国で放送されおり、累計視聴者は1.1億人に登る、ヨーロッパ最高峰のドローンリーグとなっている。

日本では2017年よりスポーツテレビ局のJ SPORTSが放送を開始。今年も全戦を放送することが決定しており、世界でも最も知名度の高いドローンリーグだ。

◆ DCL2018シーズン スケジュール
今シーズンは、6カ国、全12戦の開催。アジア圏初開催(中国、万里の長城)も予定と、新スポーツとして世界各国で注目されている。

・第1戦・6月22,23日
ドイツ/ミュンヘン
・第2戦・7月4,5日
スペイン/マドリッド
・第3戦・8月10,11日
中国/万里の長城
・第4戦・8月31日,9月1日
リヒテンシュタイン/ファドゥーツ
・第5戦・9月21日,22日
ベルギー/ブリュッセル
・第6戦・10月12,13日
スイス/チューリッヒ湖

「いいね!」を押して
ドローンの最新情報をGET

Twitter で

この記事は私が書きました。