ドローンの未来を発掘するエンターテインメントマガジン DRONE NEXT

ハッセルブラッドストア東京が
リニューアルオープン!

Google+

11月29日、スゥエーデンの名門カメラメーカー「ハッセルブラッド」の日本法人ハッセルブラッド・ジャパンは、日本の旗艦店であるハッセルブラッドストア東京をリニューアルオープンさせた。


試撮用簡易スタジオを備えたショールーム

装いも新たにリニューアルオープンしたハッセルブラッドストア東京。JR原宿駅から徒歩3分程の閑静な住宅街の中にある。
ハッセルブラッドは1841年に貿易会社として創業。1941年に同社初となる7×9判航空カメラHK7を開発。第二次世界大戦後に誕生したハッセルブラッド1600Fを皮切りに6×6判カメラを次々とリリース。1957年に登場した500C以降、ファッション分野をはじめ多くのプロフェッショナルカメラマンに愛用されてきた、伝統のあるカメラメーカーだ。また米NASAのアポロ計画では月面写真の多くがハッセルブラッドのカメラで撮影されている。

そんな同社は2015年11月にドローンメーカーであるDJIとパートナーシップを締結。2016年7月にはハッセルブラッドの航空カメラA5D-50cをMatrice600に搭載したバンドルパッケージをリリース。さらに今年1月にはDJIが同社を買収し、4月にラスベガスで開催されたNAB 2017では1億画素のセンサーを持った中判カメラ「H6D-100c」をRonin-MXを介してM600 Proに搭載した空撮ドローンを発表するなど、航空カメラとして生まれたハッセルブラッドが先祖がえりする形で“空”への結びつきを深めてきた。

オープン前夜の11月28日夜にはオープニングパーティが開かれ、スゥエーデンから来日したプロダクトマネージャーのOve Bengtsson氏があいさつ。ハッセルブラッドカメラを愛用する写真家をはじめ大勢の来賓客でにぎわった。

ハッセルブラッドの旗艦店であるハッセルブラッドストア東京のリニューアルでは、ハッセルブラッドのカメラと並んでDJIのドローンが数多く展示されているのが目を引く。最新の航空カメラA6D-100cを搭載したM600Proをはじめ、Inspire2やPhantom4Pro Obsidian、さらにはRonin2など、DJIの最新製品が並べられている。ただし、あくまでもハッセルブラッドのブランドストアとしての展示のため、店内にはDJIのブランドロゴはどこにも掲げられていない。また、ハッセルブラッド製品は販売を行っているが、DJI製品に関しては販売を行わず、DJI直営のオンラインストアを案内する形になっている。

ハッセルブラッドの最新航空カメラA6D-100cを搭載したM600Pro。

店内にはInspire2やPhantom4Pro ObsidianといったDJIのドローンも展示してある。

また、リニューアルした同店は“ハッセルブラッド・エクスペリエンス”をコンセプトに掲げ、最新製品を実際に使ってもらうショールームづくりを目指している。新任の荻野裕一フラッグシップストアマネージャーによると、「とにかくハッセルブラッド製品を手にして使ってみていただきたい。店内に簡単なスタジオセットが組んであり、実際にX1Dで撮影してその魅力を実感していただくことができる」という。

これまでは接客カウンターが合ったスペースを簡易スタジオに改装。X1Dなどハッセルブラッドの製品を使って撮影してみることもできる。

同店ではオープン記念として、NASAの有人宇宙飛行計画で使用されたハッセルブラッド・エレクトリック・カメラをはじめ歴代のハッセルブラッドカメラを期間限定で展示。また、対象商品をハッセルブラッド東京での販売価格より20%OFFで購入できるキャンペーンを12月5日までの期間限定で実施している。キャンペーンの詳細については、同店のWebサイトを参照のこと。

期間限定で店内入り口正面に飾られたハッセルブラッド・エレクトリック・カメラ。500ELをベースに製作され、アポロ11号のミッションで使われた。

同じく期間限定で展示中のモデルの数々。XPAN(中央下)やフェラーリモデル(右下)といった珍しいモデルも見られる。


■問い合わせ
ハッセルブラッド ストア 東京
所在地:〒150-0001 東京都渋谷区神宮前1-10-32
電話番号:03-6434-9567
営業時間:11:00~19:00
定休日:土日祝日
https://www.hasselblad.com/ja-jp/
■ライティング
青山祐介

「いいね!」を押して
ドローンの最新情報をGET

Twitter で

この記事は私が書きました。

DRONE NEXT編集長。1989年静岡県生まれ。自動車業界を経て、学生時代から趣味で乗っていたバイク好きが高じて2014年にバイク雑誌ヤングマシン編集部に配属。ある日、ドローンの新たなる未来と可能性に興味を持ち、2017年5月からドローンのフライトを始め、JUIDA認定校のドローン大学校を修了。