ドローンの未来を発掘するエンターテインメントマガジン DRONE NEXT

アイ・ロボティクスがインフラ点検映像解析ソリューションの提供を開始

Google+

狭隘な地形でも利用可能なドローン点検サービスを提供開始


地下鉄の天井裏やプラントの煙突といった複雑な閉鎖空間や狭隘部でに点検においては、ドローン・ロボットの高度な運用技術と同時に、高精細データの処理・解析・レポート作成を確実に行うことが重要となる。また、取得したデータの扱いはドローン・ロボットの運用とは異なる専門領域になることから、多くの現場でドローン・ロボット導入におけるボトルネックとなっている。
株式会社アイ・ロボティクス(以下アイ・ロボティクス)は豊富な実績をもとに、独自のAI解析技術と画像鮮明化技術を組み合わせた「インフラ点検映像解析ソリューション」の提供を開始する。

このサービスはドローンの撮影映像に限らず、あらゆる産業基盤の点検における各種映像解析に利用が可能。

■点検映像データ解析上の課題
アイ・ロボティクスは、サービス開始からこれまでに全国100個所以上の天井裏や煙突といった閉鎖空間や狭隘部に対して、360度カメラや4Kカメラを搭載した遠隔ドローン・ロボットを送り込み、点検や作業を行うサービスを提供してきた。しかし、これらの映像データを産業用に利用する場合、遠隔ロボティクスの宿命とも言うべき数多くの制約があり、アイ・ロボティクスではそれらの制約をユーザーと対話しながらひとつずつ解決している。
課題の例
・光源の位置、光の当たり方によってデータにムラが生じる
・ドローンの風が粉塵や蒸気を巻き上げて映像が不鮮明になる
・ドローンの外格フレームや構造物に光が当たりピントがずれる
・撮影データのサイズが膨大になる
・最終的に異常箇所診断の専門家や有資格者の確認が必要
・似たような映像が多く撮影した位置の推定ができない
・適切な画像を抽出しレポートに再構築する必要がある、等々

■インフラ点検映像解析ソリューション
アイ・ロボティクスでは日々の点検作業を通し、高度な撮影ノウハウに加え、AIによるリアルタイム高鮮明化・高精細化、類似フレーム統合技術による360度映像の高圧縮化、AIによる異常データ抽出とパターン分類による専門家の判断支援などを迅速に行うことができるよう順次体制を整えている。この度、これら一連のノウハウを「インフラ点検映像解析ソリューション」として提供してする。

アイ・ロボティクスでは引き続き機体の運用も含めた開発を行い、プラント・インフラ事業者様、ドローン運用事業者に協力していく。


@株式会社アイ・ロボティクス

「いいね!」を押して
ドローンの最新情報をGET

Twitter で

この記事は私が書きました。