ドローンの未来を発掘するエンターテインメントマガジン DRONE NEXT

DJI、RONIN-Sの販売価格と出荷時期を発表

Google+

民生用ドローンと空撮テクノロジーで世界をリードするDJIは、一眼レフとミラーレスカメラ用に設計されたDJI史上初の片手持ちスタビライザー「RONIN-S」の販売価格と出荷時期を発表した。Ronin-Sの販売価格は、92,800円(税込)で、5月29日(火)よりDJI公式オンラインストア、DJI認定ストアおよびDJI正規販売代理店にて先行予約を開始する。製品の出荷は、6月下旬を予定している。


RONIN-Sについて
DJIの革新的な3軸ジンバルテクノロジーを搭載したRonin-Sにより、ユーザーは、手ブレを抑えた滑らかな動画やタイムラプスを始めとした高度な写真撮影が可能になり、シネマレベルの作品を制作できる。

Ronin-Sは、3.6kgのペイロードまで対応し、Canon 1Dおよび5D、Panasonic GH、Sony α(アルファ)シリーズを含む人気のカメラやレンズの組み合わせで使用可能。ユーザーは、対応するカメラであれば、カメラのパラメーターを設定可能となっている。高度安定化アルゴリズムがインカメラ、インレンズ両方の手ブレ補正機構と共に機能する事で、高倍率のズームレンズを使用した場合でも優れたスタビライズ性能を発揮します。その強力なモーターは、Panasonic GH5(別売トップホットシューブラケットを装着)で50 mm(35 mm判換算)レンズを使用した際、最大約75km/hの環境下で動作テスト済みだ。

Ronin-Sは、セットアップが容易な使いやすい設計で、安定した動画撮影が今まで以上に簡単に行える。新しいPush Mode(プッシュモード)は、Ronin-Sの電源が入った状態でジンバルを押す事で、パン軸、チルト軸とロール軸を手動で調整可能。また、Auto Tune(オートチューン機能)により、ジンバルモーターの出力を自動調整するため、準備時間が短縮でき、撮影により時間を費やすことができる。Ronin-Sは、人間工学に基づくデザインにより、カメラディスプレイを妨げることなくアップライトから吊り下げモードへと切り替えが可能で、滑らかなカメラワークを実現した。更に、より素早い動きに対応するスポーツモードで、スピーディに移動する被写体を撮影できる。Ronin-Sは、DJIのインテリジェントバッテリー技術を搭載したホットスワップバッテリーを内蔵し、12時間の駆動時間を実現している。

また、Ronin-Sは、高精度なジョイスティックでカメラアングルの操作を行い、被写体をフレームに確実に収める。また、専用ボタンでスムーズトラックのプロファイルを切り替えたり、録画の開始/停止といった様々な設定を変更可能。 ハンドルの両サイドには8ピンポートが搭載され、同梱のFocusホイールをハンドルに取り付けられる仕様だ。

DJI Roninモバイルアプリから、パノラマ、モーションラプス、タイムラプス、トラックといったインテリジェント撮影モードとカスタマイズ機能を使用することで、Ronin-Sは、撮影シーンに合わせてカメラをコントロール、ロール方向への制御も可能で、より複雑なカメラワークを実現。オペレーターは、各軸の速度/加速度/デッドバンドを含むスムーズトラック設定を変更、ユーザ設定として3タイプ保存でき、Mボタンで簡単に切り替えを行うことができ、Roninアプリを使ってカメラ設定を直接調整することも可能だ。

Ronin-Sは、業界標準であるManfrottoクイックリリースシステムを採用し、DJI Proアクセサリーに対応しているため、様々な撮影シーン、現場に応じた自由なクリエイティビティを発揮。別売の対応アクセサリーには、モバイル端末無しで、ジンバル、カメラ設定、フォーカスを操作できるFocusコマンドセンターがある。また、DJI Force Pro、DJI Master Wheels、Ronin 2送信機、付属のFocus Wheelと組み合わせて使用するマニュアルレンズ用外付けフォーカスモーターにも対応。さらに、Ronin-Sは、より高度な使用感と安定性が求められる撮影に対して、DJIカーマウント、 ジブマウント、デュアルハンドルシステムとも併用することもできるようになった。

カメラパラメーターを制御に対応したRonin-Sのファームウェアの公開は、7月上旬を予定している。

「いいね!」を押して
ドローンの最新情報をGET

Twitter で

この記事は私が書きました。

DRONE NEXT編集長。1989年静岡県生まれ。自動車業界を経て、学生時代から趣味で乗っていたバイク好きが高じて2014年にバイク雑誌ヤングマシン編集部に配属。ある日、ドローンの新たなる未来と可能性に興味を持ち、2017年5月からドローンのフライトを始め、JUIDA認定校のドローン大学校を修了。