ドローンの未来を発掘するエンターテインメントマガジン DRONE NEXT

ホロラボとLiberaware、HoloLensによるドローンナビゲーションを共同開発

Google+

株式会社ホロラボと株式会社Liberawareは、HoloLensによるドローンナビゲーションシステムを共同開発したことを発表した。

HoloLensは頭にかぶるWindows 10 PCとなっており、マウスとキーボードを基本的に使わずに、音声認識とジェスチャーで操作を行える機器だ。この先進的なユーザーインターフェースに慣れないと最初はちょっと使いづらい、と感じるかもしれない。

ただ、その分両手がフリーになり、かつ汚れていても関係ないため、インフラ点検などの作業現場等では有効的に使用することができる。

今回ホロラボは、小型ドローンとその関連システムを開発するLiberaware社(以下Liberaware)と共同で、ドローンナビゲーションシステムを開発た

Liberawareの開発したドローンは、産業分野での利用を可能とするロバスト性を実現しつつ、小型ながらも自己位置推定を可能とするSLAM機能を搭載。GPSの届かない屋内や地下などでも安全に航行出来ることから、狭所空間でのインフラ点検などでの活用が期待されている。

このLiberawareの小型産業用ドローンを、HoloLens着用者が音声とジェスチャーでコントロールし、ドローンからのセンサー情報を受け取ることが可能だ。


ホロラボ側での開発は個人でもドローンを趣味とするCTO島田が担当し、ハッカソンのような密度の濃いやり取りで一気に作り上げている。

Liberawareは今回の取り組みを「Microsoft Innovation Award 2018」にてデモンストレーションを実施し、ファイナリストに選出された。
※Microsoft Innovation Award 2018:https://www.microsoft.com/ja-jp/startups/mia

HoloLensもLiberawareの小型産業用ドローンもどちらもSLAM機能を持つことから、空間を共有することでお互いの機能を補完し合う事が可能

ホロラボでは今後もLiberawareと協力を推進し、HoloLens/Mixed Realityの利用シーンとしても注目を集める土木・建設・設備施工&メンテナンスの分野で、「小型産業ドローンとHoloLens」の先進的ソリューションを企画開発して行く方針だ。

「いいね!」を押して
ドローンの最新情報をGET

Twitter で

この記事は私が書きました。