ドローンの未来を発掘するエンターテインメントマガジン DRONE NEXT

ドローン向け商用クラウドサービス「DroneDeploy」を提供開始

Google+

ソフトバンク コマース&サービス株式会社は、アメリカに本社を置く、DroneDeployのドローン向け商用クラウドサービス「DroneDeploy(ドローンデプロイ)」を、2018 年 4 月24日から提供を開始する。

「DroneDeploy」は、ドローンの自動飛行と自動撮影をスマホやタブレットのアプリから簡単に制御することができるサービスだ。利用者は目的に応じたエリアや撮影条件を設定するだけで、ドローンが自動で離陸、飛行、撮影、着陸までを行う。撮影されたデータはリアルタイムで地図化されていく。(ライブマップ機能)

また、空撮データを用いた3D図面や植生指標データの作成、地表の標高計算といった加工・分析もアプリ上で可能としている。一連の動作はすべてクラウド上で展開されるため、データ処理用の高機能なパソコンなどが不要な上、データ共有も容易だ。

さらに、「DroneDeploy」の特長の一つに、アプリケーションと連携することで機能を拡張できる。DroneDeploy社が運営するApp Marketで提供されている100種類以上のドローン用アプリケーションから用途や目的に応じて選定し、「DroneDeploy」と組み合わせて利用することが可能となった。

「DroneDeploy」は、すでにアメリカ、ヨーロッパ、アジアなど世界約180カ国・地域で利用されており、主に農業や建設、測量業界で高い注目を集めている。ソフトバンクC&Sは、国内向けに日本語化されたバージョンを販売。また、日本語によるサポート窓口を用意し、どなたでも安心して利用することができる。

■「DroneDeploy」の特長
・スマホやタブレットで簡単に自動飛行制御できるので、操縦者がいなくてもドローンが活用できる
・飛行、撮影、加工、分析まで「DroneDeploy」でできるので、導入しやすい
・撮影しながらリアルタイムに地図作成が進む
・すべての動作がクラウド上で完結するので高価なハードウエアの購入が不要で、データ共有も簡単にできる
・アプリケーションと連携し、機能を拡張できる
・日本語版の提供と日本語でのサポート窓口で安心して利用できる

■「DroneDeploy」対応機種(2018年4月24日現在)
・Mavic Pro
・Phantom 4 Pro / Phantom 4 Advanced / Phantom 4 / Phantom 3 Pro
・Inspire 1 / Inspire 1 Pro (including support for the Zenmuse x5 camera)
・Matrice 100 / Matrice 200 (M200) / Matrice 210 (M210) / Matrice 600


■お問い合わせ
ソフトバンク コマース&サービス株式会社 「DroneBank」

「いいね!」を押して
ドローンの最新情報をGET

Twitter で

この記事は私が書きました。