ドローンの未来を発掘するエンターテインメントマガジン DRONE NEXT

MAVIC 2 ZOOM・MAVIC 2 PRO専用設計のアドバンストドローンフィルターIRNDキットが発売

Google+

専用設計でMAVIC2に最適なフィルターキット

株式会社ケンコー・トキナーは、ドローンで滑らかな映像を撮るために必須のフィルターキットアドバンスト ドローンフィルターIRNDキット 「DJI MAVIC 2 ZOOM用」「DJI MAVIC 2 PRO用」2種の販売を、2019年3月22日より開始する。価格はいずれもオープン価格に設定されているが、DJI MAVIC 2 ZOOM用が9,630円(税別)、DJI MAVIC 2 PRO用が11,880円(税別)の販売価格を想定している。

■DJI MAVIC2 ZOOM用

アドバンスト ドローンフィルターIRNDキット FOR DJI MAVIC 2 ZOOM

■DJI MAVIC2 PRO用

アドバンスト ドローンフィルターIRNDキット FOR DJI MAVIC 2 PRO

カメラ用フィルターで長年培ったKenkoの光学技術を生かし、 「DJI MAVIC 2 ZOOM」と「DJI MAVIC 2 PRO」専用設計のIRNDキットを発売。 IRND4、IRND8、 IRND16、IRND32の4種類のIRNDフィルターがセットになっており、 撮影時の明るさに応じて最適な濃度のフィルターを選択できる。

 

赤外線の影響をガード!現実の色彩を忠実に再現!

写真や動画において、NDフィルターは忠実な色再現をしなければならない。KenkoのIRNDフィルターは、ACCU-NDテクノロジーにより赤外域を含む400nm〜1000nmにおいて均一な減光効果を得ることができ、赤外線の影響を受けず、色かぶりのない忠実な色再現が可能になる。

■高い平面性の光学ガラス
KenkoのIRNDフィルターは、デジタル一眼レフ用レンズフィルターの品質基準に従って高精度研磨されたトップレベルの光学ガラスを使用。これにより高い平面性を実現し、解像度の低下なしに高品質の映像を撮ることができる。下記の画像は解像度を示し、KenkoのIRNDフィルターと他社ブランドとの解像度の差を比べたもの。

■専用設計フレーム
専用設計のデザインで極限まで軽さを追及。ドローンの飛行やジンバルに影響を与えない。専用設計なのでしっかり装着できて、脱落の心配も無用。

■全天候型ケース入り

4種類のIRNDフィルターをまとめて持ち運べる全天候型ケースが付属。雨や雪などの厳しい撮影環境下でもフィルターを守ることができる。

■お手入れが簡単

指紋や水滴の付着を防止する撥水コートを採用。汚れがついた場合でも簡単に拭き取ることが可能。

 

■IRNDフィルターが必要な理由
動画撮影の場合、フレームレート(fps)によって適正なシャッタースピードが決まる。通常はフレームレートの2倍までが適正とされ、滑らかな映像を撮影するためにフィルターが必要となる。

例えば、60fpsの場合、適正シャッタースピードは1/125s、30fpsの場合、適正シャッタースピードは1/60sとされる。シャッタースピードが速すぎると、動画として見た時に、動きがつながらずパラパラした不自然な動画に見えてしまう。そこで、IRNDフィルターを使用してシャッタースピードを適正な値に設定すれば自然で滑らかな映像を撮ることが可能になる。

次に、適正露出にするためにフィルターが必要となる。

ドローンは主に日中の屋外で使用されるため、ISOは最低のISO100に設定する。絞りで露出オーバーを防ぐしかないが、ドローンカメラの最高の解像性能を得るためには、開放から2~3絞り分絞ったところに設定することが撮影のコツとされる。フレームレートの関係上、快晴時に適切な露出を得るためにNDフィルターは必須とさている。

※NDフィルターを使わずF/11以上絞って撮影した場合、一般的に解像度を低下させる回折現象が起こる。特に4Kモードで発生。また絞りを絞りすぎるとフレアやゴーストの発生原因となるので注意が必要。

「いいね!」を押して
ドローンの最新情報をGET

Twitter で

この記事は私が書きました。