ドローンの未来を発掘するエンターテインメントマガジン DRONE NEXT

ソフトバンクとNIMSが次世代の革新的電池であるリチウム空気電池の研究開発を開始

Google+

ソフトバンク株式会社と国立研究開発法人 物質・材料研究機構(以下「NIMS」)は、「NIMS-SoftBank先端技術開発センター」の設置に関する覚書を、2018年4月11日に締結した。両者は当センターでの共同研究を通して、まず次世代の革新的電池であるリチウム空気電池の実用化に向けて連携を開始する。

「あらゆるモノ」がインターネットにつながるIoTにおいては、モノから情報を取得すること(センシング)が非常に重要となる。これらのセンシングデバイスが至る所で長期間にわたって動作するためには、高性能な電池が必要不可欠だ。今回、両者が実用化を目指すリチウム空気電池は、空気中の酸素と化学反応することでエネルギーを生成し、これまでのリチウムイオン電池に比べ、重量エネルギー密度が5倍以上となる理論上究極の蓄電池。この電池は来るべきIoT時代に向けて、さまざまなセンシングデバイスやウエアラブルデバイスなどにも長時間装用、駆動ができる軽量な電池として非常に親和性が高いことに加え、大容量の特性を生かしてドローンなどの飛行物体、ロボティクス分野などあらゆる産業への拡張性を持つ電池となることが大いに期待されている。今後両者は、リチウム空気電池の研究開発を重ね、2025年ごろの実用化を目指していく。

ソフトバンクは、第1弾となるリチウム空気電池の共同研究の他に、当センターでの活動を通して、センシングやウエアラブル分野、飛行体分野などにおけるIoT時代に欠かせないさまざまな技術開発を加速させ、さらなる情報革命を進めていく方針を明らかにした。NIMSは、今回のソフトバンクとの連携がNIMSの基礎研究の成果が企業との実用化研究に結び付く好例と捉えており、「2025年までに大学・研究開発法人等に対する企業の投資額を2014年の水準の3倍とする」政府目標に沿ったものと考えている。また、今後リチウム空気電池の研究開発を加速させ、政府目標であるSociety 5.0※1の実現に貢献していく。なお、当センターで共同研究を行うリチウム空気電池は、文部科学省委託事業「統合型材料開発プロジェクト」による基礎研究※2の成果を、国立研究開発法人 科学技術振興機構「先端的低炭素化技術開発プログラム‐特別重点領域『次世代蓄電池(ALCA-SPRING)※3』」で発展させたものを基としている。

開発中のリチウム空気電池と使用例

コインタイプ(左)とスタックタイプ(中央~右)のリチウム空気電池

スタックタイプのリチウム空気電池による
おもちゃのヘリコプターの動作実証実験

「いいね!」を押して
ドローンの最新情報をGET

Twitter で

この記事は私が書きました。