ドローンの未来を発掘するエンターテインメントマガジン DRONE NEXT

小型軽量の超高感度ズーム&遠近赤外線デュアルカメラ「WCAM001GL」の販売開始

Google+

幅広い用途に使えるデュアルカメラの取り扱いを開始

GIS(地理情報システム)におけるソリューションおよび関連製品の販売事業を展開する株式会社ジオリンクジャパンは、小型で軽量の超高感度カメラと赤外線カメラを組み合わせたD-eyes社製デュアルカメラ「WCAM001GL」の取扱いを開始した。

光学20倍ズーム搭載の超高感度カメラ側では、SONY製207万画素の1/2”CMOSセンサーによって、ISO感度100万相当のカラー映像の撮影が可能。また、非冷却マイクロ・ボロメーター(640×480素子)を搭載した赤外線カメラは、50mK/−30℃〜150℃、30mK/30℃の分解能を有している。

これら両方の機能を統合することで、人命救助、捜索、監視活動、トンネルなど暗所での点検をはじめ、様々な用途での活用が見込まれる。

寸法はW140mm/H120mm/D160mmで軽量約1.3kgと非常にコンパクトなデザインのため、産業用無人航空機に搭載できる他、既存のカメラに置き換えも可能。

可視画像はHDMI(1080P/30fps)で出力可能で、3モード(モノクロ、反転モノクロ、カラー)で表示。また、ズーム画像の倍率調整や表示切り替え、フォーカス調整、感度調整は汎用のプロポによる制御も可能となる。IP64防塵防滴対応。可視光カメラについては用途に応じたシャッタータイプ(グルーバルシャッターあるいはローリングシャッター)も選択できる。

ジオリンクでは本製品を産業用無人航空機にインテグレーションして販売する他、インフラ点検、災害調査、24時間監視、交通量調査等様々な用途向けに販売していく予定を明らかにした。

超高感度カメラと赤外線カメラを組み合わせたデュアルカメラ“WCAM001GL”

超高感度カメラと赤外線カメラを組み合わせたデュアルカメラ“WCAM001GL”

【概要】
◆可視光〜近赤外線+遠赤外線、複合カメラ
・可視光〜近赤外超高感度(カラー)、高倍率大口径ズームカメラ
・遠赤外:高分解能高画素熱カメラ
◆FUTABA社プロポ(S-BUS)にて遠隔制御
◆RONIN-MXにジャストフィット
◆出力画面切り替え可能(3モード) ※フルHD(1080P/30)HDMI出力
◆IP43防塵防滴ケース
◆サイズ W140/H120/D160mm 約1.3Kg
◆電源 12V±10%消費電力約1.5A

【仕様】

【可視〜近赤外超高感度ズームカメラ】

【遠赤外線サーモカメラ】

本製品に関するお問い合わせ先
株式会社ジオリンクジャパン
本社:〒603-8053 京都市北区上賀茂岩が垣内町98-2-2F
電話 :075-706-5557

「いいね!」を押して
ドローンの最新情報をGET

Twitter で

この記事は私が書きました。