ドローンの未来を発掘するエンターテインメントマガジン DRONE NEXT

伊藤忠商事とセンシンロボティクスがドローンの活用推進のため業務提携

Google+

社会インフラの点検・保安にロボティクス技術の導入を推進する

伊藤忠商事株式会社(以下伊藤忠商事)は、ドローンやロボットなどのロボティクス技術の普及によって社会インフラDX(デジタルトランスフォーメーション)を推進する株式会社センシンロボティクス(以下センシンロボティクス)とロボティクス技術を活用したインフラの保安・点検等の領域で業務提携を行った。

昨今の日本では、少子高齢化による労働人口の減少が進み、様々な産業でDXを活用した業務効率化が課題となっている。また、高度経済成長期に作られたインフラの老朽化は深刻で、その保守・点検のニーズは日に日に高まっている。センシンロボティクスは『ロボティクスの力で、社会の「当たり前」を進化させていく。』をミッションに掲げ、企業や社会が抱える課題を、ドローンをはじめとするロボティクス技術で解決する社会インフラDXのリーディングカンパニーだ。

ロボティクス技術による業務の完全自動化を実現する軸となる3つのテクノロジーが、ドローンの業務自動化統合プラットフォーム「SENSYN FLIGHT CORE」、完全自動運用型ドローンシステム「SENSYN DRONE HUB」、ドローンからの映像をリアルタイムで共有する「SENSYN DC」。豊富なプロジェクト実績で得られたノウハウを活用し、シナリオ策定から実証実験、実業務への定着化まで一気通貫で支援することができる。伊藤忠商事は、今回の業務提携を通じ、センシンロボティクスのソリューションを、同社の国内外の製鉄業・鉱山業・炭鉱業・港湾業等の顧客に提供しDX活用を支援することで、老朽化するインフラの点検や、少子高齢化による労働人口の減少といった社会課題の解決を目指していく。


@株式会社センシンロボティクス
@伊藤忠商事株式会社

「いいね!」を押して
ドローンの最新情報をGET

Twitter で

この記事は私が書きました。