ドローンの未来を発掘するエンターテインメントマガジン DRONE NEXT

JTXGホールディングスとセンシンロボティクスがドローンステーション構築に向けた協業を開始

Google+

ドローン運用の拠点となる「ドローンステーション」の構築を目指す

センシンロボティクスが提供する「SENSYN DRONE HUB」

JXTGホールディングス株式会社(以下JXTG)および株式会社センシンロボティクス(センシンロボティクス)は、ドローンステーション構築に向け、協業を開始する。また、協業開始に先立ち、JXTGはJXTGイノベーションパートナーズ合同会社を通じ、センシンロボティクスに資本参画した。

JXTGグループは、デジタル革命の進展や社会ニーズの変化を好機と捉え、既存事業の枠を超えた新たな事業の創出・実行に向け、積極的な取り組みを推進している。一方、センシンロボティクスは、ドローンをはじめとするロボティクスソリューションにより、設備点検、災害対策、警備・監視を中心に様々な領域における社会課題の解決と、関連業務の完全自動化に取り組むスタートアップ企業。JXTGグループとセンシンロボティクスは、これまでにも石油事業におけるプラント設備点検の取り組みを行ってきた。

JXTGは、近い将来ドローンが飛躍的に活躍する社会を見据え、あらゆるドローンの離発着および太陽光などの環境配慮型エネルギー供給の拠点としてのドローンステーション構想を描いている。その実現に向け、両社は本協業において、センシンロボティクスが提供する完全自動運用型ドローンシステム「SENSYN DRONE HUB」の活用について実行計画を策定し、2023年を目途に設備開発・実証を行っていく。また、同時にドローンを活用した設備点検、災害対策、警備・監視に関する新たなソリューションの開発にも取り組む。両社は、最新のロボティクス技術の積極的な活用により、顧客と社会が求めるサービスを創出し、社会の発展と活力のある未来づくりに貢献していく。

■両社の協業イメージ(ドローンステーション)

ステーションを起点に各種サービスを提供

ステーションを起点に各種サービスを提供ステーションを起点に各種サービスを提供

街中にステーションを展開

街中にステーションを展開街中にステーションを展開

■ 完全自動運用型ドローンシステム「SENSYN DRONE HUB」
ドローン機体、自動離発着や自動充電に対応する基地(ドローンポート)、加えて制御ソフトウェア・業務アプリケーションが一体となった、業務の自動化を推進するシステム。事前に設定されたルートへの自動飛行や、画像・映像の撮影が可能なため、大規模な工場の警備監視や設備点検などの領域において、設置型ドローンシステム(ドローンポート)として運用することで、作業員が都度現地に赴く必要がなくなり、効率的かつ安全な業務遂行が可能。今回の協業によってこのシステムの更なる利活用を進めていく。


@JXTGホールディングス株式会社
@株式会社センシンロボティクス

「いいね!」を押して
ドローンの最新情報をGET

Twitter で

この記事は私が書きました。