ドローンの未来を発掘するエンターテインメントマガジン DRONE NEXT

国土交通省が「レベル4」実現に向けた検討小委員会を設置

Google+

レベル4実現に向けた委員会を設置

第13回 交通政策審議会 航空分科会 技術・安全部会が開催され、「空の産業革命に向けたロードマップ2019」及び「成長戦略実行計画」に掲げた令和4年度を目途とした無人航空機の有人地帯での目視外飛行(レベル4)を実現するための具体的な制度のありかた等について議論を行う小委員会が、交通政策審議会 航空分科会 技術・安全部会の下に新たに設置された。

第13回 技術・安全部会議事次第

■議事
(1)令和元年度の国の安全指標・目標値の検証及び令和2年度の国の安全目標値について
(2)無人航空機等に係る施策について
(3)技術規制の見直しに係るフォローアップについて
(4)航空安全に係る最近の動きについて
(5)「無人航空機の有人地帯における目視外飛行(レベル4)の実現に向けた検討小委員会(仮称)」の設置について

政府は、令和4年度を目途として無人航空機の有人地帯での目視外飛行(レベル4)を実現するという目標を掲げている。

これを踏まえ、今回の交通政策審議会 航空分科会 技術・安全部会において、レベル4実現に向けた具体の制度や審査体制のあり方等について議論する小委員会を同部会の下に新たに設置することについて審議が行われ、了承された。また、国土交通省航空局においては、国内における航空の安全性の向上のため、年度ごとに技術・安全部会での審議を経て航空分野の安全目標を設定しており、今回の技術・安全部会において令和元年度の目標値の結果を踏まえて提案された令和2年度の安全目標値の設定について審議が行われ、了承された。
このほか、第13回 交通政策審議会では無人航空機に係る施策等について報告を行った。

今回の技術・安全部会における意見を踏まえ、引き続き航空の安全性向上に取り組んでいくという。

国土交通省-第13回 技術・安全部会 配付資料


@国土交通省

「いいね!」を押して
ドローンの最新情報をGET

Twitter で

この記事は私が書きました。