ドローンの未来を発掘するエンターテインメントマガジン DRONE NEXT

ドローン操縦技能を点数化するコンパクトな訓練機材「まとい訓」発売!

Google+

ドローン操縦者の技能を高め安全なドローン運航へつなげる

産業用ドローン開発・製造・販売とドローンスクール事業等に取り組む株式会社AIRロボ(以下AIRロボ)は、安全なドローン社会の実現へ貢献するため操縦技能を精確性・速さ・安全性に基づく評価手法D-PSS※の普及を始め、そのための訓練機材「まとい訓」を2020年11月19日(木)より発売した。

※D-PSS :ドローン運航における精確性、速さ、安全性の指標

■「まとい訓」とD-PSSの4つの特徴
・曖昧だった操縦技能や評価方法を明確なルールと基準で可視化
・高度な操縦技能「目視外飛行」の訓練に対応
・操縦技能だけでなく飛行前・後の機体点検も評価項目に加え安全を重視
・軽量・コンパクトで軽自動車にも積載可能、様々な訓練場所に柔軟に対応

各標的とドローンの距離・角度から点数を算出し、明確な点数方式やモデルコースと基準タイム、安全チェックシートにより操縦者の技能を定量的に評価する。

■まとい訓誕生の背景と導入状況 

ドローンの有用性が注目される一方で、後を絶たないトラブルや事故、操縦の不安の声など飛行現場における課題は山積している。ドローンの安全運航を大きなテーマに掲げ、毎月ドローンスクールを開催しているAIRロボにとって、実践的な訓練の仕組みをどう作るかは重要な課題のひとつだった。

AIRロボ開発部門は国土交通省の航空無人航空機マニュアルを参考に、空に関わる専門家(航空局OB・航空自衛隊OB)、捜索・救助の専門家(警察OB・消防・防災関係者)、各分野の第一人者たちの知見を結集し評価システム「D-PSS」と訓練機材「まとい訓」を開発した。

既にAIRロボおよび協力団体のドローンスクールは講習カリキュラムの一部に「まとい訓」が導入されている。また岐阜県内の消防署を中心に「まとい訓」を用いた共同訓練を実施している。

■今後の展開
今後は、自社および関連団体のスクールでの「まとい訓」による訓練や消防署等ドローンの導入を目指す団体へ普及を一層進め社会への安全なドローンの普及に貢献していく。

■製品概要
価格:90,000円(税抜)
事前の貸し出しも可能


@株式会社AIRロボ

「いいね!」を押して
ドローンの最新情報をGET

Twitter で

この記事は私が書きました。