ドローンの未来を発掘するエンターテインメントマガジン DRONE NEXT

4K/60fpsの撮影を実現!コンパクトで高機能なDJI Mavic Air 2発表!

Google+

コンパクトで新機能豊富なMavic Air2が登場

民生用ドローンと空撮テクノロジーで世界をリードするDJIは、4月28日に新時代を切り開くドローン「Mavic Air 2」を発表した。Mavic Air 2は高品質のイメージング技術、使いやすく高度な飛行性能、培ってきた革新的なスマート機能と安全技術を兼ね備えたオールラウンドタイプのドローンだ。

ユニークで高品質の空撮を、簡単かつ楽しく安全に撮影できるMavic Air 2は、8Kでの撮影機能を搭載し、コンパクトで使いやすい折りたたみ式ドローンで、優れた機能性を実現している。大型の1/2インチカメラセンサーにより、高解像度かつ高品質の写真や動画コンテンツ制作を可能にした。また、プログラミングされた高度なフライトモードやインテリジェント機能、撮像技術により、プロのような映像制作を簡易的にした。パイロットは最大飛行時間が延びたことで長い滞空時間を楽しむことができ、改良された自律機能により鮮明な画像を撮影することが可能。さらにアプリ内の編集機能は映像データをより完成度の高い作品へと進化させる。

「Mavic Air 2は、一般コンシューマー向けドローンの中で最もスマートな製品です。これは機体の大きさに関わらず、性能進化は実現しうることを証明しています。Mavic Air 2の開発では、Mavicシリーズのすべての特徴を備えつつ、その設計と開発プロセスを完全に一から設計し直す必要がありました。全くの初心者でも最高の空撮体験ができるドローンというコンセプトのもと、日々試行錯誤を繰り返して完成させた製品になります。弊社のドローンにより、現在のような過去に例のない時代でも、創造性を高め、楽しく、教育にも役立つ体験が可能になれば幸いです。」

と、DJIプレジデント Roger Luo氏は述べてた。

 

クリエイターに最適なイメージング性能と飛行性能を実現

Mavic Air 2は持ち運びやすい折りたたみ式ドローンで、これまでよりも迅速にコンテンツの撮影が行える。Mavic Air 2の機能と技術によって、操縦者のテクニックを必要とせずに簡易的に品質の高い映像制作を提供する。Mavic Air 2は4Kビデオを最大60 fpsかつ120 Mbpsで撮影できるMavicシリーズ初のドローンだ。さらに、HDR動画[1]、1080p /120 fpsの4倍スローモーションや1080p /240 fpsの8倍スローモーションといった、独自のコンテンツの撮影を可能にした。操縦者は12MP写真[2] だけでなく、息を呑むようなディテールを再現する高解像度48MP写真も撮影することができる。また、3軸モーター搭載ジンバルにより、カメラのブレを補正し、スムーズで安定した撮影を行える。クアッドベイヤー配列を採用した1/2インチセンサーにより、Mavic Air 2は様々な撮影モードを駆使して、創造性を次のレベルへと昇華させる最適なツールとなっている。新機能のスマートフォトは、高度なシーン分析とディープラーニングを使用して12MP写真を記録し、3つの撮影オプションから最適なものを自動的に選択する。

  1. HDR写真:Mavic Air 2は、露出の異なる7つの写真を自動で撮影し、それらを合成し、非常にダイナミックな映像を作成。
  2.  ハイパーライト:ハイパーライトは低照度環境での撮影向けに設計され、写真を複数撮影し、それらを合成して、光量の少なさから通常発生するノイズを低減させ、鮮明な画像を作成。
  3.  シーン認識:Mavic Air 2は、夕焼け/青空/草地/雪/森林の5つのシーンカテゴリーを認識し、設定を最適化して色彩やディテール、色調を調整し、ポップな写真に仕上げることが可能。

■比類なき飛行性能
Mavic Air 2はドローンの基本飛行性能を完全に再構築しており、ドローン技術の発展に期待を寄せる映像制作者の空撮の可能性をさらに拡大する。水のペットボトルと同程度の570グラムの重量にもかかわらず、Mavic Air 2は新しいモーターと電子速度コントローラー(ESC)、強化されたバッテリー技術を搭載。航空力学に基づいた設計で、最大34分の飛行時間を実現している。DJIの独自技術OcuSync 2.0伝送技術がさらにアップグレードされ、極めて安定したHD動画の伝送を、ドローンから最長10km[3](日本国内では最長6km)の距離まで実現している。OcuSync 2.0は、2.4GHzと5.8GHzの両周波数帯に対応し(日本は2.4GHzのみ対応)、自動切り替え機能で信号強度に応じて周波数を切り替える。また干渉防止技術により、望ましくない信号をブロックし、ビデオフィードにノイズが入らないようにしている。

■ドローンの安全性に対する新基準を確立
Mavic Air 2は、これまでにない新たな安全機能を備え、可能な限り飛行安全性を高めています。前方後方に配置された障害物センサーにより、ドローンが障害物に近づくと警告を発する。また、衝突を回避するためドローンがそれ以上障害物に接近しないように設定することもできる。さらに、Mavic Air 2の下部に配置されたセンサーと補助ライトにより、低照度環境におけるスムーズな自動着陸などの機能をアシスト。Mavic Air 2には、離発着の多い空港などリスクの最も高い場所にドローンが入らないようにするため、GEOジオフェンスも装備されている。

APAS 3.0(高度操縦支援システム)により、DJIのドローンの自律飛行は次のレベルへとシフトしている。APAS 3.0を有効にすると、進む方向に障害物があった場合、Mavic Air 2は障害物の周辺や上下に新たな経路を作成して衝突を回避します。そのため、複雑な環境下でも操縦者は安心して飛行を行い、撮影に集中することができる。この最新バージョンでは、3Dマッピングを使用することで、障害物を回避しながら、スムーズかつ滑らかな飛行をアシストする。

昨年発表された、業界をリードするDJIの10点の安全性を向上させるビジョンに従い、Mavic Air 2は他の機体が近くにいることをドローンの操縦者に警告して安全性を高めるAirSense技術[4]などを搭載した、DJI初の一般向けドローンでもある(初期段階では北米でのみ販売)。AirSenseはADS-Bという航空技術を用いて、付近を航行中の航空機やヘリコプターから信号を受信することで操作画面にその位置を表示し、ドローン操縦者に知らせる。このように他の機体がドローンに近づくと、AirSenseによるメッセージや音、振動でドローン操縦者に警告を行うため、操縦者が事態を認識してドローンを安全に遠ざけることができる。

「DJIはドローンの安全性を高めるという確固たる責務を果たすため、Mavic Air 2にはドローン操作をより安全にするための、画期的な安全ソリューションを別途実装します。新製品モデルへのADS-B搭載に積極的な取り組みとして、Mavic Air 2はADS-B受信技術の世界最大規模の展開例となり、業界リーダーとして自主的に安全性の向上に向けてそのビジョンを実行し、さらに促進いたします。」

と、政策法務担当 バイスプレジデントのBrendan Schulmanは述べている。

 

■強力なインテリジェント機能
Mavic Air 2は最適化されたインテリジェント機能を搭載しているため、ユーザーは迅速かつ簡単に写真や動画を撮影し、共有することができる。フォーカストラック[5]は、DJIドローンで最先端の追跡機能となり、次の3つの撮影モードを提供。

  1.  ActiveTrack 3.0:被写体を選択するとMavic Air 2が自動的に追跡します。3代目となるこのアクティブトラック技術は、最新のマッピング技術と新しい飛行経路アルゴリズムにより、被写体認識や障害物回避の性能が向上し、被写体とMavic Air 2間が何かの物体で一時的に遮られた場合でも、被写体を素早く再捕捉可能。
  2.  Point of Interest 3.0:特定の被写体周辺で、自動化された飛行経路を設定。今回のバージョンでは、被写体を動的に追跡するように平面認識機能が改善されている。
  3. Spotlight 2.0:プロ向けDJIドローンで採用されていたスポットライト機能が搭載され、ユーザーがドローンを自由に操作していても、カメラはフレーム内で被写体を捉え続ける。

ハイパーラプス機能はドローンを物理的に移動させることにより、タイムラプスの視覚効果をより魅力的に見せることができる。ハイパーラプスは、初めて最大解像度8K[6]で撮影できるようになり、フリー、サークル、コースロック、ウェイポイントの4つのフライトモードから選択することができる。また、クイックショットに対応し、事前にプログラム化された飛行操作から選択することも可能になった。クイックショットは3軸モーター搭載ジンバルとEISを使用して、驚くほど素晴らしい動画を作成できる。使用したいモードをタップするだけで、Mavic Air 2が素晴らしい映画のようなコンテンツを自動で作成。ロケット、サークル、ドローニー、ヘリックス、ブーメラン、アステロイドの中から選択できる。

■直感的に操作できるアプリ、便利な編集機能、豊富なアクセサリー
最新バージョンのDJI Flyアプリは使いやすい航行機能を維持したまま、高度な機能を搭載。チュートリアルを使用するとユーザーはドローンの操作方法を習得し、空撮をすぐに開始できる。DJI Flyアプリ内の編集機能は簡単に使用することができ、撮影した映像の編集と調整を一度に行えるツールとなる。Mavic Air 2にはショルダーバッグやNDフィルターセット、プロペラガード、保護ケース、送信機用タブレットホルダー、 モニターフードなど、役に立つアクセサリーを多数取り揃えている。

■価格と販売時期
日本ではDJI公式オンラインストアやDJI認定ストア、DJI正規販売代理店および特約販売店にて4月28日(火)より予約受付を開始し、5月21日(木)より出荷を予定。Mavic Air 2には機体本体、バッテリー1個、送信機、必要な配線一式を含む標準パッケージ105,600円(税込)と、標準バージョンの全品目に加えてショルダーバッグ、NDフィルター、充電ハブ、バッテリー3個を同梱したFly Moreコンボ132,000円(税込)の2種類がある。

■DJI Care Refresh
DJI Care RefreshはDJI製品を安心して使用できる包括的な保証プラン。1年間に最大2回までの本体交換サービスを有料で利用可能。DJI Care RefreshにはVIPアフターサービスサポートと、無料の往復配送料も含まれている。詳細はこちら


@DJI JAPAN-Mavic Air2

「いいね!」を押して
ドローンの最新情報をGET

Twitter で

この記事は私が書きました。