ドローンの未来を発掘するエンターテインメントマガジン DRONE NEXT

三重県と他2社が「空飛ぶクルマ」に係る実証実験・実用化に向けた包括協定締結

Google+

地域課題の解決に向けて「空飛ぶクルマ」の開発を目指す

三重県が「空飛ぶクルマ」を活用してめざす社会像

エアモビリティ株式会社(以下エアモビリティ)、東京海上⽇動⽕災保険株式会社(以下東京海上日動)、三重県の三者は「空⾶ぶクルマ」にかかる三重県内での実証実験、実⽤化に向けて連携して取り組むことを⽬的に、包括協定を締結した。

協定締結の背景と⽬的

三重県は 新たなテクノロジーである「空⾶ぶクルマ」を活⽤し、交通・観光・物流・⽣活等の様々な地域課題の解決を目指し、地域における⽣活の質の維持・向上をはかるとともに、新たなビジネス創出等を実現する「空の移動⾰命」を⽬指した取り組みを進めている。

三重県の空飛ぶクルマ実装に向けたロードマップ

エアモビリティは「空⾶ぶクルマ」の販売やサービスに関するインフラをプラットフォーム上に構築することで、「空⾶ぶクルマ」の航⾏に関するサービスをワンストップで提供することを⽬的として、2019 年 8 ⽉ 1 ⽇に設⽴された企業。今後、インフラプラットフォームのコアシステムである ASCP(エアモビリティサービスコラボレーションプラットフォーム)を⾃社開発し、ナビゲーションシステムや離発着場システム等と連携させて、「空⾶ぶクルマ」が簡単かつ安全に航⾏できるようサービスを提供する予定。

東京海上⽇動⽕災保険株式会社は、1879 年の創業以来、様々なリスクに対して保険を通じて地域社会やユーザーの安全を保障している。その中で各種リスクマネジメント及び危機管理に関するノウハウを蓄積している。「空⾶ぶクルマ」においても、保険制度の設計・開発、リスク分析・運⽤ルール等の作成⽀援などを通じて、安⼼安全な実証実験、実⽤化に向けた⽀援を⾏う予定。

三者がそれぞれの役割を発揮し、「空⾶ぶクルマ」に関わる三重県内での実証実験、実⽤化に向けた取組を⾏うこととなった。

■主な連携内容
・三重県内における空⾶ぶクルマを活⽤した実証実験の誘致及び実施事業者等への⽀援
・実証実験・実⽤化に関するリスクアセスメントの実施
・安⼼して実証実験を進めていくための保険プログラムの組成
・実証実験を踏まえた空⾶ぶクルマの実⽤化に向けた取組の検討
・実証実験の実施⼜は実⽤化に向けた具体的な取組を推進するため、国内外の関係事業者が参画するコンソーシアムの組成
・空⾶ぶクルマの実⽤化に向けた機運醸成

■協定締結式開催概要
「空⾶ぶクルマ」の展⽰会である「フライングカーテクノロジー」の会場内において、展⽰会終了後に協定締結式を執り⾏う。
・⽇時:令和 2 年(2020 年)11 ⽉ 4 ⽇(⽔)17 時 20 分から 17 時 35 分まで(予定)
・場所:東京ビッグサイト南 4 ホール セミナーB 会場(東京都江東区有明3丁⽬11­1)
・協定締結者
エアモビリティ株式会社 代表取締役社⻑ 浅井 尚
東京海上⽇動⽕災保険株式会社 常務執⾏役員 ⿅⼦⽊ 満 (オンラインで出席)
三重県 知事 鈴⽊ 英敬(オンラインで出席)

■事前来場登録
会場に⼊場するためには、事前来場登録の⼿続きが必要となる。
事前来場登録ページ
※当協定締結式への参加の事前申し込み等は不要。


@三重県
@エアモビリティ株式会社
@東京海上⽇動⽕災保険株式会社

「いいね!」を押して
ドローンの最新情報をGET

Twitter で

この記事は私が書きました。