ドローンの未来を発掘するエンターテインメントマガジン DRONE NEXT

今週行きたいドローンイベント3選!!12月25日(火)〜12月30日(日)

Google+

こんにちは、ドローンネクスト編集部です。
ついに2018年最後の週になりましたね。年末のイベントは少なめですが、1月に入るとイベントがたくさん控えています!


【サイエンスクラブ番外編 ドローンたいけんかい】

ノマドスペースで楽しむマイペースな体験会
サイエンスクラブ番外編。
冬休み企画としてフジサワラボでドローン体験会を開催します。

ドローンについての身近なギモン。
危ないの?高いの?どこで飛ばせるの?などなど。
皆さまのギモンに答えながら、実際に体験をしていただこうと思っています。
13:00~15:00は出入り自由。
未就学のお子さんでも体験可能です。
※スタッフの判断で大人と一緒に操縦の場合もあります。

【サイエンスクラブ番外編 ドローンたいけんかい】

開催日:2018年12月26日(水)
開催時間:13時〜15時
フジサワラボ
神奈川県 藤沢市藤沢577 寿ビル2階
参加料:1,000円
※家族で体験する場合はひとり500円
申し込みページ


【各編集長と振り返る2018年のドローン業界】

1年間のドローン業界を振り返り!
ドローン事業者やドローンに興味を持っている人が集まって、2018年のドローン業界を振り返る忘年会イベントを開催いたします。前回の2017年の年末には、100名超の参加者を集めた本イベント。今年も各メディア編集長による座談会、DRONE MEDIA AWARD 表彰式、ライトニングトーク、ドローンの展示、交流会(飲み物・軽食あり)などなどさまざまな企画をご用意しておりますので、お友達をお誘いの上、是非ご来場ください。

【各編集長と振り返る2018年のドローン業界】

開催日:2018年12月27日(木)
開催時間:18:30~21:30(開場は18:00)
Smart News イベントスペース
東京都渋谷区神宮前6丁目25−16 いちご神宮前ビル 2F
参加料:4,000円
申し込みページ


【DRONEフライトオペレーター講習会】

ドローンの基礎知識を取得!
国土交通省認定「操縦技能証明」資格が業界最安値級(10万円)で取得可能
※「操縦技能証明」は飛行申請の際に一部簡略化が出来ます。

「より安全と安心を!ドロッセのサポート付き」合格率アップ! ご希望の方へは、有資格者と一緒に試験対策練習会が出来ます。あなたを全力でサポートいたします。

【DRONEフライトオペレーター講習会】

開催日:2018年12月29日(土)〜30日(日)
開催時間:9時~16時
フットメッセ名取
宮城県名取市杜せきのした2-3-2
参加料:10万円
申し込みページ


【第1回ドローンビジネス最新トレンドカンファレンス】


ドローン点検ビジネスの”今”を徹底解説!
記念すべき第1回のテーマは、ドローンビジネスのなかでも特に期待が高まっている“点検業務”です。国交省が進めるi-Constructionが表明されて早くも3年が経ちました。近年とくに問題となっているのが、急速に進む設備の老朽化です。これはすべての人の安心・安全に関わる喫緊の課題であり、その点検にはドローンの活用が欠かせません。この待ったなしの状況の中、2017年から急速にハードの開発が進み、2018年にはさまざまなサービスが登場しました。そしていよいよ2019年は、現場で広くドローンが導入されていく年になります。

『第1回 ドローンビジネス 最新トレンドカンファレンス』では、ドローンの点検業界をリードする3社のトップをパネリストに迎え、ドローンビジネスの実情を語っていただきます。実際にビジネスの最前線で活躍されているプロフェッショナルだから分かる、現実に即した貴重な情報ばかりです。

カンファレンスの前半では、2019年の新たな年を迎え、登壇各社の事業活動をそれぞれお話いただきます。2019年から展開する新サービスの発表があるかもしれません。カンファレンス後半は、ハード事業、人材育成(スクール)事業、サービス事業、それぞれの分野をけん引する3社がパネルディスカッション形式でトークを繰り広げます。

パネルディスカッションの司会進行には、ドローンスクールやイベント企画をはじめ、自身も点検・空撮業務などを請け負うなど幅広く活躍するドローンママこと飯原夏子氏を迎え、幅広い観点からドローン点検について掘り下げて頂きます。

【第1回ドローンビジネス最新トレンドカンファレンス】

開催日:2019年1月18日(金)
開催時間:13時30分〜17時
シーバンスN館カンファレンス
東京都港区芝浦一丁目2番2号 シーバンスN館1F
参加料:6000円
申し込みページ

「いいね!」を押して
ドローンの最新情報をGET

Twitter で

この記事は私が書きました。