ドローンの未来を発掘するエンターテインメントマガジン DRONE NEXT

今週行きたいドローンイベント4選!!4月15日(月)〜4月21日(日)

Google+

こんにちは、ドローンネクスト編集部です。
今週は国際ドローン展が幕張メッセで開催されております!23のドローン関連企業が出展を予定しています。ぜひ、足を運んでみてください。


【第5回国際ドローン展】

多ジャンルのドローン関連企業が出展!
「国際ドローン展」は、物流・輸送、警備・監視、巡視・点検、災害対応、計測・観測、農林水産など多岐にわたる産業分野におけるドローン(無人航空機)の利用に焦点を当て、ドローン本体、構成技術、産業応用事例までを一堂に紹介するショー&カンファレンス。産業用機器・装置メーカーの開発設計・研究者、生産技術者が一堂に集う「TECHNO-FRONTIER2019」や「駅と空港の設備機器展」と同時開催される。

【第5回国際ドローン展】

開催日:2019年4月17日(水)〜19日(金)
開催時間:10時〜17時
幕張メッセ
千葉県千葉市美浜区中瀬2-1
事前登録無料
申し込みページ


【Terra Drone×STUDENT Meetup】

産業用ドローンが変えていく世界のインフラの未来とは?
学生を対象に産業用ドローンで20ヵ国のサービス展開をするテラドローンが、世界最先端のテクノロジーが変えるインフラや「今」と「未来」について伝えるイベントとなっている。

◆急成長中のベンチャーで自らも成長したい!
◆語学力を活かしたい!
◆就活で迷わないために自分の強味/弱みを知りたい!
他にも・・
将来自分で起業をしたい人や、グローバルでスケーラブルなビジネスを行いたい人、航空工学・宇宙工学・機械工学を研究している学生・IoT、AI・画像認識、自動運転などの先端テクノロジー分野でビジネスがしたい人を対象に、学生の参加を募っている。

■イベント内容
1. テラドローンのご紹介(会社概要/ビジョン/現状/テラWAY)
2. 日本/世界のドローン市場/業界について ※ここでしか聞けません。
3. ドローンで世界NO.1を獲る。世界市場を席巻するには?
4. いま、我々が本当に必要としている人材とは?
5. 社員/インターン紹介
6. 質疑応答

■持参品
・筆記用具・ノート
・学生証(学生証での確認ができない場合、ご参加いただけない可能性有り)
・服装自由

【Terra Drone×STUDENT Meetup】

開催日:2019年4月18日(木)
開催時間:18時〜20時
テラドローン株式会社
東京都渋谷区神宮前5丁目53−67コスモス青山SOUTH棟3F
参加料:無料
申し込みページ


【次世代ドローンを支えるソフトウエア技術】

ドローンエンジニア創生のためのイベント!
「空撮」から始まり、「測量」「物流」等に役立てられ、ドローンの進化により生活や業務環境は目覚ましく変わろうとしている。しかしながら、ドローンを動かすテクノロジーの情報は日本ではまだまだ少なく、作る人も、使いこなす人もまだ一部であるのが現状。

・ドローンを取り巻く技術とはどのようなものなのか、今後変わっていくのか
・ドローンの心臓部であるフライトコントローラーの制御ソフトがOSSで作られていることを知ってるか?世界最高水準の「ArduPilot」と呼ばれるOSSの概要とその魅力について
・エンジニアが今ドローン業界に来る3つの理由

1人でも多くのドローン技術者を増やすことを目標に、上記の3つのテーマに沿って講演する。

【次世代ドローンを支えるソフトウエア技術】

開催日:2019年4月19日(金)
開催時間:19時〜21時50分
TECH PLAY SHIBUYA
東京都渋谷区宇田川町20-17 NMF渋谷公園通りビル 8F
参加料:無料
申し込みページ


【空撮技術向上のためのミートアップ】

空撮業務の依頼を獲得するためのミートアップ
関東で初めての開催となる今回のミートアップでは、ドローンの業務の中でも特に参入障壁が低い「空撮」に焦点を当てて、既にドローンライセンスを保持している方や、これから取得を考えている方が、どうやってドローンを使った仕事を獲得していくのか考える場を提供する。そのなかでsora:shareの活用の仕方と、実際に空撮の業務を行っているスピーカーがどのようにして空撮の仕事を獲得しているのか、知識を共有する場を設けることで、よりドローンのライセンスを活かした仕事に繋がる一歩を踏み出すきっかけを創出する。

【空撮技術向上のためのミートアップ】

開催日:2019年4月21日(日)
開催時間:16時30分〜18時30分
ISO八重洲ビル
東京都中央区八重洲1-6-14
参加料:無料
申し込みページ

「いいね!」を押して
ドローンの最新情報をGET

Twitter で

この記事は私が書きました。