ドローンの未来を発掘するエンターテインメントマガジン DRONE NEXT

CEATEC2019でエアモビリティに新たな革命を起こす新モデル「Next MOBILITY®」が初公開

Google+

エアロネクストが革新的なエアモビリティを開発

次世代ドローンの株式会社エアロネクスト(以下エアロネクスト)は、2019年10月15日(火)から18日(金)に幕張メッセで開催される「CEATEC 2019」に出展し、昨年初出展のCEATECで経済産業大臣賞を受賞したエアロネクストのこの1年間の更なる進化を披露する。メインは、今回が初公開となるエアモビリティに新たな革新を起こす新モデル「Next MOBILITY®」。国内外の数々のコンテストやピッチで優勝・受賞したエアロネクストの独自の重心制御技術「4D GRAVITY®」と今回新たに発表する革新的な機体フレームの新技術を搭載している。「安全性」と「快適性」の両立を実現した新モデルは、エアモビリティの概念を覆す存在になるという。

また、5月に法人設立した中国での活動成果となる、中国産業ドローンメーカー最大手MMCと共同開発した点検用途の産業用ドローン「Next INDUSTRY®」の最新機体や、日本国内で量産体制を作り製造した物流用途の産業用ドローン「Next DELIVERY®」の最新機体等、全てがCEATECで初披露となる。これらは日本の顧客向けソリューションとして提供が決定している。

なお、今回のCEATEC2019では、エアモビリティに新たな革命を起こす新モデル「Next MOBILITY®」プレス発表会(10月15日(火)14:00〜14:45エアロネクスト展示ブース内にて)をはじめ、代表取締役CEO田路のKEYNOTE/SUMMITへの登壇等、多数のイベントを予定している。

エアロネクストは、産業用ドローンの機体の安定性、燃費、機動性を向上する独自の重心制御技術を搭載した「空飛ぶロボット」の日本およびグローバル市場における用途開発や顧客開発行うほか、エアモビリティの革新的な機体フレームの新技術によって世界各国で進みつつある次世代移動サービスシステムMaaS(Mobility as a Service)における空の移動の最適化を促進し、「新たな空域の経済化」を目標とし、進展していく考えだ。

CEATEC 2019出展概要

· URL: https://www.ceatec.com/ja/
· 日時:2019年10月15日(火)~ 10月18日(金)10:00〜17:00
· 会場:幕張メッセ
· エアロネクスト展示ブース:スマートXエリア Hall2 D008

CEATEC 2019 メディア様向けのブース公開とプレス発表会

①10月14日(月・祝) 14:00〜17:00 メディアコンベンデョン
(エアロネクスト展示ブース内)
代表取締役CEO田路とグローバルCMO伊東が皆様をお迎えし、ブース公開し、展示されている「Next MOBILITY®」(詳細は翌日のプレス発表会にて説明)を含む複数の最新機体の披露を予定している。写真撮影も可能。

②10月15日(火)14:00〜14:45 プレス発表会(エアロネクスト展示ブース内)
代表取締役CEO田路によるエアモビリティに新たな革新を起こす新モデル「Next MOBILITY®」の概要と新技術についてのプレゼンテーション(15分)、Q&Aセッション(10分)、CEO当時の写真撮影セッション(5分)、コミュニケーションタイム(10分)を予定してる。

CEATEC 2019 登壇情報

代表取締役CEO田路圭輔(左)、取締役CIPO中畑稔(中央)、執行役員 Global CMO伊東奈津子(右)

代表取締役CEO田路圭輔(左)、取締役CIPO中畑稔(中央)、執行役員 Global CMO伊東奈津子(右)

①10月15日(火)15:45〜16:45 取締役CIPO 中畑稔 登壇 (イノベーショントークステージ 展示ホール8)
テーマ:STARTUPs×知財戦略 〜CVCを通じた知財の共創〜 〔1T-15〕

②10月17日(木)13:00〜13:45  代表取締役CEO 田路圭輔 登壇(A会場)
テーマ:未来の空を考える 〜「新しい空域の経済化」が実現した社会とは〜 〔3A-13〕
ANAホールディングス株式会社 デジタル・デザイン・ラボ・チーフ・ディレクター 津田佳明氏と対談

③10月18日(金)10:30〜12:00代表取締役CEO 田路圭輔 登壇(A会場)
テーマ:Mobility Summit 〜近未来の移動空間の姿を浮き彫りに!〜〔4A-10〕
今までの概念を覆すエアモビリティ。エアロネクストの独自技術で加速する「新しい空域の経済化」の実現


@株式会社エアロネクスト
@CEATEC 2019

「いいね!」を押して
ドローンの最新情報をGET

Twitter で

この記事は私が書きました。