ドローンの未来を発掘するエンターテインメントマガジン DRONE NEXT

中国上海で開催のCES Asia 2019に4D GRAVITY®を搭載した「Nextシリーズ」を初出展

Google+

4D GRAVITY®が本格的にCESに登場

次世代ドローンの株式会社エアロネクスト(以下エアロネクスト)は、2019年6月11日(火)から13日(木)に上海新国際博覧中心(Shanghai New International Expo Center、SNIEC)で開催される「CES Asia 2019」に初出展し、重心制御技術「4D GRAVITY®」テクノロジー搭載の原理試作のNext INDUSTRY®橋梁点検カスタムと小型配達専用ドローンNext DELIVERY® miniを展示する。
Next INDUSTRY®橋梁点検カスタム

Next INDUSTRY®橋梁点検カスタム

Next DELIVERY® mini

Next DELIVERY® mini

CES Asiaは米国ラスベガスで毎年1月に開催される世界最大の家電見本市CES (Consumer Electronics Show)のアジア版として2015年から始まり今年は第5回目となる。エアロネクストは、「CES 2019」のプレイベント「Show Stoppers」に、昨年10月に日本で開催されたCEATEC JAPAN 2018「CEATEC AWARD 2018」にて経済産業大臣賞を受賞し、招待の形で出展を行ったが、本格的なブース出展は初となる。

エアロネクストは、グローバル展開の第一歩となる、中国市場での4D GRAVITY®テクノロジーライセンスビジネス推進の拠点として、5月に中国深圳市にあらたに現地法人「天次科技(深圳)有限公司 (英文名 Aeronext Shenzhen Ltd.)」を設立した。

「中国市場を本年度のエアロネクストのグローバル戦略の最重要市場と位置づけ、この展示会においてもエアロネクストのテクノロジーやビジネスモデルを伝える場として、また、中国における用途開発や顧客開発に向けたポテンシャル提携パートナーと直接会話できる貴重な機会としてとらえている」という。

エアロネクストは日本のみならずグローバル市場においても、「ドローン前提社会の実現」と「新しい空域の経済化」に向けて引き続き邁進していくことを明らかにした。

CES Asia 2019 出展概要
日時:2019年6月11日(火)~ 6月13日(木)9:00〜17:00 (最終日は15:00まで)
会場:上海新国際博覧中心(Shanghai New International Expo Center、SNIEC)
エアロネクストブース 小間番号:Hall 5  6214
エアロネクスト事業紹介:6月12日(水) 10時05分~15分 Hall 5 Startup Park Stageにて


@株式会社エアロネクスト

「いいね!」を押して
ドローンの最新情報をGET

Twitter で

この記事は私が書きました。