ドローンの未来を発掘するエンターテインメントマガジン DRONE NEXT

ドローン×AIの事業導入を支援するビジネスセミナーを4月25日に開催

Google+

ドローン×AIビジネス導入のノウハウを伝授!

株式会社クリーク・アンド・リバー社は4月25日、企業や官公庁などでドローン(車両、船、潜水艦を含む無人機)やAIに関わる事業を検討している担当者様向けに、事業計画・運営のノウハウを伝授するビジネスセミナーを開催する。

日本国内のドローンビジネスの市場規模は、2024年度に5,073億円(2018年度の約5.4倍)に達すると見込まれており、分野別に見ると、機体市場が908億円に対してサービス市場が3,568億円と、大きく飛躍することが予見されている* 。

現在ドローンを活用したサービスで市場が形成されつつあるものとして、農薬散布や空撮、土木測量、災害調査、ソーラーパネルや屋根の設備点検などが挙げられる。今後はさらにドローンを使ってデータを収集し、AIを活用することで、インフラや建物の点検・保守メンテナンス、消防、遭難救助、警備、精密農業、獣害対策、物流など様々な産業において実用的なソリューションの提供が可能となる見込みだ。

本セミナーは、ドローン開発とAI領域の第一人者である、アトラックラボ代表取締役の伊豆智幸氏を講師に迎え、過去の事例や実際の事業計画書を見せながら、ドローンをどのように活用し、事業化・収益化につなげるのかを講演する。

「どのような課題がドローンやAIによって解決できるのか」、「イニシャルとランニングの資金はどれくらいかかり、損益分岐はどこになるのか」、「どのような体制を構築すべきか」など、このような悩みを持つ方におすすめの講座となっている。
*インプレス総合研究所『ドローンビジネス調査報告書2019』より
■ドローン×AI ビジネスセミナー 概要

セミナーの詳細・お申し込みーhttps://www.creativevillage.ne.jp/56969

このような方におすすめ!
・どのような課題がドローンやAIによって解決できるのか?
・将来的な可能性と現段階でできることの整理(最終ゴールまでのプロセス)を知りたい。
・イニシャルとランニングの資金はどれくらいかかり、損益分岐はどこになるのか?
・どのような体制を社内外で構築すべきか
・陥りがちな失敗事例を知りたい。

■日時
2019年4月25日(木)  18:30~20:30(受付開始18:00)■会場
東京都港区新橋四丁目1番1号 新虎通りCORE 5F ホールA
https://www.cri.co.jp/about_us/map.html■対象
企業や官公庁でAIや無人機の導入を検討している経営者、事業推進担当者

■受講料
一般:5,000円
早割:4,000円 ※4月15日(月)までに申し込みの方

■講師
伊豆 智幸氏

■定員
45名


@セミナーの詳細・お申し込みはこちら

「いいね!」を押して
ドローンの最新情報をGET

Twitter で

この記事は私が書きました。