ドローンの未来を発掘するエンターテインメントマガジン DRONE NEXT

ドローンを活用した「ものづくり補助金・申請サポートサービス」&補助金活用支援セミナー開催

Google+

新規ドローン事業を全力で支援するセミナーを開催

ドローンの販売や産業向けソリューションを展開する、SkyLink Japanは、ドローンを活用した『ものづくり補助金・申請サポートサービス』を開始した。

ものづくり補助金は例年、経済産業省の中小企業支援策として実施され、ものづくりだけでなく、商業やサービス事業の生産性向上を目的とし最大1,000万円の助成金を受け取ることが可能(※)。ただ、活用するためには国の厳密な審査をクリアする必要があり、その採択率も決して高くはない。そこでSkyLink Japanは、ドローン導入コンサルティングだけでなく、非常に高い採択率の実績を誇る補助金サポートの専門家を派遣し、申請書制作支援や、採択後の報告書作成などの手厚いサポートのサービスを提供する。合わせて、2月に全国3ヶ所(東京・京都・福岡)で「ドローン×ものづくり補助金活用支援セミナー」を開催し、ドローンを活用した新規事業を検討中の方を全力でバックアップするとしている。
※正式な内容開示と公募は2月上旬を予定。

当セミナーでは2月に開催される『ドローン×ものづくり補助金活用支援セミナー』への参加と、補助金申請サポートの申し込みを行うと、申請手数料割引が適用されるキャンペーンも実施する。

■SkyLink Japan『ものづくり補助金・申請サポートサービス』特設サイト
http://www.skylinkjapan.com/intro_support.html

■特別セミナー『ドローン×ものづくり補助金活用支援セミナー』
〜SkyLink補助金申請サポートサービス説明会〜

●応募フォーム
https://goo.gl/forms/Hdxi9Jh3fHSEONlD2

●セミナー内容
○第一部 ドローンを活用した産業分野ソリューション紹介
SkyLink Japan テクニカル・ディレクター 雨谷 周也
および SkyLink提携メーカーより
・PhaseOne一億画素カメラによる空撮画像診断
・赤外線カメラ、有線電源システムによる獣害・災害対策
・Inspire 2 + KLAU PPKシステムによる写真測量
・Agras MG-1Pによる農薬散布自動航行システム など

○第二部 平成30年度補正予算「ものづくり補助金」申請概要解説
姫田トラストマネジメント株式会社 代表取締役 姫田光太氏
・ものづくり補助金について
・ものづくり補助金採択までのポイントやノウハウ など

●開催日程・会場(全3回)
○第1回・2月12日(火) 14:00〜16:00 (開場13:30)
〒603-8053 京都市北区上賀茂岩ケ垣内町98-2-2F
SkyLink Japan 京都北山本店 セミナールーム
アクセス http://www.skylinkjapan.com/#section-mapmap

○第2回・2月15日(金) 14:00〜16:00 (開場13:30)
〒810-0001 福岡県福岡市中央区天神3-4-13
万多礼ビル6F 601会議室
アクセス https://goo.gl/maps/C5HgRdAawFk

○第3回・2月27日(水) 13:30〜15:30 (開場13:00)
〒108-0075 東京都港区港南2-15-4
品川インターシティホール 会議室B1F
アクセス http://sic-hall.com/access/

●参加費用
3,000円(税抜)
※申し込み後、ご請求書を発行。

●特典「申請手数料特別割引キャンペーン」
本セミナー受講、補助金申請サポートを申し込みの方には、平成30年度補正予算「ものづくり補助金」の申請手数料(成功報酬型)通常10%のところ、9%となる割引キャンペーンが適用される。詳細は特設サイトを参照。

●ご応募フォーム
https://goo.gl/forms/Hdxi9Jh3fHSEONlD2

■2018年度 SkyLink Japanによる補助金採択支援事例
・ドローンとGNSS受信機による構造物点検調査事業
・ドローンによるインフラ施設維持管理事業
・赤外線カメラ搭載ドローン機による漏水診断事業
・建設三次元サービス化事業
・ドローンによる構造物の高精度調査事業
・超高解像度カメラ搭載ドローンによるインフラ診断事業 等
※採択金額 300〜1500万円程度

■問い合わせ先
SkyLink Japan(株式会社WorldLink & Company)
info@skylinkjapan.com
075-708-2369

「いいね!」を押して
ドローンの最新情報をGET

Twitter で

この記事は私が書きました。