ドローンの未来を発掘するエンターテインメントマガジン DRONE NEXT

九州の世界文化遺産「明治日本の産業革命遺産」を巡るドローン撮影ツアーを開催

Google+

5ヶ所の産業革命遺産を巡る空撮ツアーを5月に開催

ライオンズフィルム株式会社と一般財団法人産業遺産国民会議は、世界文化遺産「明治日本の産業革命遺産」の空撮が楽しめる、空の旅のドローン撮影ツアーを実施する。

ライオンズフィルム株式会社では、過去実施した空撮ツアー(館山ファミリーパーク、手賀沼、館山北条海岸、江戸川、東京湾)の経験と運営ノウハウをもとに、ドローンの撮影技術を磨きながら、世界遺産の知識を得る取り組みとして、世界文化遺産「明治日本の産業革命遺産」と空の旅のドローン撮影ツアーを企画する。

空撮ツアーは、幕末から明治期の日本の急速な近代化を支えた世界遺産をめぐり、遺産が果たした役割と歴史的背景を学ぶことを目的としている。また、参加者の空撮映像がインターネットで拡散されることで、不特定多数の人たちに世界遺産の魅力を伝えることも狙いのひとつ。通常撮影が不可能な場所での撮影経験を得る、新たな取り組みとなっている。

■世界文化遺産登録「明治日本の産業革命遺産」と空の旅ドローン撮影ツアー概要
1.旅行期間 :平成31年5月23日(木)~25日(土) 2泊3日
※現地集合から現地解散までスタッフが同行いたします。
2.宿泊ホテル:ザ・ホテル長崎BWプレミアコレクション・ホテルニューガイアオームタガーデン
(1名毎に1室)
3.コース概要:
・5月23日(木)/長崎空港(集合)→端島(軍艦島)撮影→ホテル
・5月24日(金)/ホテル→三池港撮影→万田坑撮影→ホテル
・5月25日(土)/ホテル→宮原坑撮影 or 三川坑撮影→熊本空港(解散)
※端島(軍艦島)の上陸は行いません。船上からドローン空撮を行います。
※三池港、万田坑、宮原坑、三川坑は撮影順番が変わる場合があります。

4.旅行代金:285,000円(税抜)
※現地集合までの費用は別途個別負担となります。
※その他詳細、注意事項等は募集ページに記載となります。

【各社の役割】
・ライオンズフィルム株式会社:旅行企画・運営、全体調整
・一般財団法人産業遺産国民会議:監修

【募集ページURL】
http://www.lionsfacility.com/event/isanentry.php?e=20190523

【各社概要】
■会社名:ライオンズフィルム株式会社
代表者:代表取締役社長 森 健志
設立:2009年4月1日
本社所在地:東京都墨田区立川二丁目10番10号
URL:http://www.lionsfilm.co.jp

■会社名:一般財団法人産業遺産国民会議
代表者:代表理事 保田 博
本社所在地:東京都新宿区四谷三栄町11-16
URL:https://sangyoisankokuminkaigi.jimdo.com/

【旅行手配先】合同会社DMM.com

観光庁長官登録旅行業第2073号

「いいね!」を押して
ドローンの最新情報をGET

Twitter で

この記事は私が書きました。