ドローンの未来を発掘するエンターテインメントマガジン DRONE NEXT

親子で参加できるDroneで学ぶプログラミング!イベントを開催

Google+

株式会社ビジネス・ブレークスルーが運営するオンラインプログラミングスクールのp.school(監修:松林弘治氏)は、2018年7月28日(土)に親子で参加可能な「ドローン&プログラミング」イベントを開催する。本イベントは、プログラミングを行ってドローンを飛ばす体験を行うことで、参加した子供たちがプログラミングの可能性や面白さを発見していくことを目的としている。なお、イベントに参加された子供には、ドローン(RYZE Robotics社製Tello)が1台プレゼントされる。

AI(人工知能)やIoT(モノのインターネット)を活用することで、産業構造を大きく転換する時代が到来し、今後の社会を大きく変えていくことが予想される。目まぐるしく変化する社会の中でも自分の人生を自ら切り開けるような人材の育成を目標とする文部科学省は、小学校段階におけるプログラミング教育の在り方について、「「プログラミング的思考」は、普遍的に求められる力である」[1]と述べている。同省が2017年3月に公示した学習指導要領[2]においては2020年から小学校へのプログラミング教育必修化の項目が盛り込まれ、2021年には中学校、2022年には高等学校でプログラミング学習を強化するとしており、子供たちへのプログラミング教育の重要さが増していることが周知されている。

p.schoolは、日本から優秀なIT人材を多く輩出することに貢献するため、小中高校生の頃からプログラミングを学ぶことができる環境を提供してきた。今回のイベントは、視覚的なブロックなどを動かすことでプログラミングができるソフトを使って、ドローンの自動操縦プログラムを作成し、実際にドローンを飛行させる内容となっている。そのため、プログラミング言語を学んだことのない子供でも遊び感覚でプログラミングに触れることができる。またp.schoolでは、アイデアを構想力に変えるには、まずは物事の原理原則を教養として養うSTEM教育[3]の要素も取り入れることが重要と考えている。そのため、プログラミングでドローンを飛ばすという目的以外にも、なぜドローンは飛ぶのかというITの仕組みについても学ぶ時間を提供する。

なお、ドローンを自動操縦するためのプログラミングは、各自のスマートフォンやタブレットに専用のアプリケーションをダウンロードして行うため、ご自身の端末に子供が取り組んだコード内容が残る仕組みだ。そのため、イベント後も引き続き取り組んだ内容からドローン飛行のプログラムをバージョンアップすることが可能だ。

本イベントは、プログラミングやドローンに初めて触れる子供や、プログラミングの経験はあるけれどその原理について知りたいという子供にも対応しており、親子で一緒にプログラミングに取り組む機会としても活用できる。また、チームビルディングと異文化交流の為に、会場隣接の東京アメリカンクラブのレストランにて食事の用意もされている。

[1] 参考資料:http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/chousa/shotou/122/attach/1372525.htm
[2] 参考資料:http://www.mext.go.jp/component/a_menu/education/micro_detail/__icsFiles/afieldfile/2018/03/30/1375607_01.pdf
[3] STEMはScience(科学)、Technology(技術)、Engineering(工学)、Mathematics(数学)のそれぞれの単語の頭文字をとったもの。テクノロジーの進化を背景に、科学・技術・工学・数学の理数科目に力を入れる教育。

【詳細】
日時:7月28日(土)10時30分~14時30分
場所:AZABUHILLS 2F(港区麻布台2丁目)
参加費:24,000円/組(税別)
お子様の対象推奨学年:小学校3年生~中学校1年生
定員:親子12組(24名)
申込URL:https://pschool.bbt757.com/2018/07/06/post-1945/

「いいね!」を押して
ドローンの最新情報をGET

Twitter で

この記事は私が書きました。