ドローンの未来を発掘するエンターテインメントマガジン DRONE NEXT

南天ドローンパークがこれからの時代を支える測量法「空中写真測量講習」をリリース

Google+

測量による一連のデータ解析を学べる講習

南天ドローンパーク沖縄は、人件費削減・工期短縮が可能となるドローンを使用した「空中写真測量講習」を2018年7月にリリースした。当講習では国土地理院発行「UAVを用いた公共測量マニュアル(案)第3編」に基づいた測量を解説する。

近年、建設業界は好況を迎えている。地震や異常気象がもたらす自然災害からの復興に加えて、2020年には東京オリンピックが開幕する。しかしながら、建設業界は人的労働力の依存が高く、若年層の就業者が減少傾向に向かっていることが問題視されている。それを解消するために、限られた人員で効率よく作業が出来るドローンに注目が高まりつつある。

■南天ドローンパーク沖縄/空中写真測量講習
http://www.nanten-dpark.net

標高マップ/TERRA MAPPER

■空中写真測量講習の3つの効果
1.人件費削減
2.工期短縮
3.精密に現場を把握

■「空中写真測量講習」の概要
料金:120,000円(税抜)
日数:3日間
場所:沖縄県名護市字豊原224-3 名護市マルチメディア館
内容:自動航行アプリ「GS Pro」、データ解析ソフト「TERRA MAPPER」の解説と実技
貸出:タブレット、PC、ドローン、「GS Pro」、トライアル版「TERRA MAPPER」 ※講習中は無料貸出
定員:6名まで ※1名様でも開催

■空中写真測量講習の内容
質問がし易い環境を整えるために、講習は少人数制となっている。また、実技に特化した形で受講者全員にタブレットとPCを貸し出し、解説を受けながら実技を実施できる。最終日には、受講者が組んだプログラムを実際にドローンを使用して飛行させ、取得したデータの解析を行い、成果物を作成する。

<ドローン自動航行>
ドローン市場シェアNo.1のDJI社が無料提供している「GS Pro」を受講者1名づつに使用していただき、解説を受けながら実際に自分でプログラムを組むことが可能。また、自身のデバイスとドローンを持ち込んで行う事も可能となっている。※DJI社製ドローンに限る。

<データ解析>
測量大手のTERRA DRONE株式会社が開発した、日本語対応のデータ解析ソフト「TERRA MAPPER」を使用し、解説を受けながら実際に自分でデータ解析を行う。※トライアル版を使用

主に可能なデータ解析項目は、下記の通り。
1.点群データ
2.オルソ画像
3.体積・面積計算(土量計算)
4.標高マップ
5.CAD機能…等

■お問い合わせ先
南天ドローンパーク沖縄
担当者:正木
TEL:0980-50-0660(平日9時~17時)
携帯:070-4173-9738(平日9時~17時)
FB:https://www.facebook.com/nanten.dpark/
Mail:nantendrn@itbpo.jp

「いいね!」を押して
ドローンの最新情報をGET

Twitter で

この記事は私が書きました。