ドローンの未来を発掘するエンターテインメントマガジン DRONE NEXT

スマートグラス×DRONE STARのコンセプトゲーム「DRONE STARレーシングカップ」発表

Google+

ITサービス開発とドローン利活用を推進する株式会社ORSOは、 KDDI株式会社が「xR技術の取り組みに関する説明会」で発表する、ODG(Osterhout Design Group )のスマートグラス「R-9」に対応した、ドローン操縦の楽しさをバーチャルで拡張したスマートグラス×DRONE STAR©のコンセプトゲーム「DRONE STAR©レ-シングカップ」を発表した。

〇背景
日本におけるドローンの利用は、ホビー・産業共に様々な場所で行われており、エンターテイメント分野においてドローンレースは世界的に注目されている。日本でのドローンレースは、2015年11月に開催されたDrone Impact Challenge 2015を皮切りに、ジャパン・ドローン・チャンピオンシップ in ハウステンボス(開催:2017年2月、協賛:KDDI)など様々な場所で開催されてきた。ドローンレースを行う上で最も重要な技術=FPV(ドローンカメラに搭載された映像をリアルタイムでゴーグルに映像転送する技術)には、アマチュア無線免許による開局申請や、国土交通省航空局へのドローンの目視外飛行の申請承認プロセス、総務省電波法による技適マークが付与された機器の利用など、様々な手続きや機器の選定が必要となり、ハードルが高い現状にある。

〇コンセプトモデル概要
今回のゲームアプリ「DRONE STARレ-シングカップ」は、スマートグラス「R-9」と室内専用ドローン「DRONE STAR 01」を組み合わせたバーチャルドローンレースのコンセプトモデルとしてORSOが企画・開発を行なった。

このコンセプトゲームアプリでは、スマートグラスが持つ現実世界とバーチャル空間を組み合わせて表示を行うAR機能を用いることで、家にいながら実際のドローン操縦の楽しさだけを抽出し、室内環境下でその世界観をドローン飛行コースとしてバーチャルで拡張した、まったく新しいドローンレースゲームが体験できる。また、対応機体の「DRONE STAR 01」は、既に技適マーク付きで2.4Ghz帯域のリアルタイム映像をスマホに転送する機能を搭載しており、アマチュア無線免許が不要。また、18gの室内専用機による室内利用のため、目視外飛行の申請承認プロセスが必要ありません。この組み合わせによって、バーチャルな室内環境を通じて初心者でも安心して「楽しみながら、学ぶ、コミュニケーション」が実現されると考えている。

〇DRONE STAR©について
DRONE STAR(読み:ドローンスター)は、ドローンとスマホアプリを繋げて、「楽しみながら、学ぶ、新しいコミュニケーション」の創造を目指し、2016年にドバイで開催されたドローンレース世界大会に日本代表として参戦した高宮悠太郎を中心にプロジェクトを開始。ドローンスターとは、その利用ユーザーの中から新たなSTAR(スター)が生まれ、新しい可能性を拡げたいという思いを込めたドローンアプリのブランド名称だ。

2017年4月に第1弾として、操縦者が室内で楽しく学べるアプリ「DRONE STAR」と、その対応機体「DRONE STAR 01(販売元:株式会社エル)」をリリース。このドローン操縦者向け学習アプリはスマホの画像認識とAR技術を活用し、操縦者の技能をスコア化するアプリとして、ドローン資格認定学校など様々な場所で活用されているドローン操縦のエントリーモデルとなっている。

2018年4月に第2弾としてリリースした「DRONE STARプログラミング」は、教育現場の方々とドローンを使ったICT教育を共創したいという思いから、先行導入企業・団体様と共に全国各地の教育現場で研究開発を行い、創造的課題と動画撮影が可能にする、論理的思考を育むドローンプログラミングアプリとして推進している。

●アプリ:DRONE STAR©
DRONE STARは、ドローン操縦の基礎を、楽しみながら覚え、上達できるようになることを目指した、操縦者教育機能を搭載したスマートフォン向けアプリ。
対応デバイス:iOS Ver.8.0以上およびAndroid OS Ver.5.0以上のスマートフォン
提供プラットフォーム:App Store / Google Play
アプリ利用料:無料
配信日:2017年4月17日(月)

●アプリ:DRONE STAR©プログラミング
DRONE STAR プログラミングは、生徒自身がプログラミングに興味を持ち、個々の感性を高め、アプリに沿って自発的にPDCAを回し続ける環境を提供する、新しいスマートフォン向けドローンプログラミングアプリ。
対応デバイス:iOS Ver.8.0以上の iPhoneおよびiPad
提供プラットフォーム:App Store ※Android OS版は今後対応予定です。
アプリ利用料:有料 ※価格は公式ホームページよりご確認ください。
配信日:2018年4月17日(火)

DRONE STAR公式ホームページ: https://www.dronestar.jp/
Facebook: https://www.facebook.com/dronestar.jp/

「いいね!」を押して
ドローンの最新情報をGET

Twitter で

この記事は私が書きました。