ドローンの未来を発掘するエンターテインメントマガジン DRONE NEXT

エンジニアの運動会「EOG2018」にドローンレースを導入

Google+

EOG実行委員会、一般社団法人 ドローン操縦士協会は、IT業界で働くシステムエンジニアを対象とした運動会「EOG(エンジニアオリンピックゲームス)2018」を、2018年12月15日(土) アリーナ立川立飛(東京都立川市)にて開催。この運動会へのエントリーはEOG公式ウェブサイトにて2018年4月9日(月)より募集受付を開始する。

EOG(エンジニアオリンピックゲームス)は、システムエンジニアの方々が更に飛躍してもらえるきっかけを創造し、結果的にIT業界がもっと盛り上がっていくことを目的としている。大縄跳び、玉入れ、大綱引きなど、お馴染みの種目はもちろん、エンジニアだけの運動会ならではの種目として、一般社団法人 ドローン操縦士協会の協力の下、「ドローンレース」も実施予定だ。

●EOG(エンジニアオリンピックゲームス)公式サイト http://juf.jp/eog/

【イベント概要】
大会名)
EOG(エンジニアオリンピックゲームス)2018

開催日時)
2018年12月15日(土)
受付時間 10:00〜 10:30
開会式  10:30
開始時間 11:00
終了時間 18:00(予定)
※スケジュールは1時間程度前後する場合がございます。ご了承ください。

開催場所)
アリーナ立川立飛
所在地:東京都立川市泉町500番4 (最寄駅:多摩モノレール立飛駅 徒歩1分)

参加費)
¥99,000 / 1チーム

募集数)
50チーム (1チーム:10〜15名)※応援の方は含まない。

実施種目)
大縄跳び、玉入れ、大綱引き、障害物競争、リレーなど

参加資格)
・チームメンバー全員が同じ会社に所属していること (正社員・契約社員・アルバイト等は問わない)
・エンジニアの方を含むチーム構成が可能であること
・18歳から65歳の社会人
※6名以上でご参加する場合には1名追加ごとに参加費1,000円が追加で発生いたします。

主 催)
株式会社ボールド、株式会社スピードリンクジャパン

企画・運営)
株式会社ブースト

協 力)
一般社団法人 日本運動会協会

「いいね!」を押して
ドローンの最新情報をGET

Twitter で

この記事は私が書きました。