ドローンの未来を発掘するエンターテインメントマガジン DRONE NEXT

楽天AirMapがドローンを活用した土木・建築現場における工事進捗管理サービス「JobSight」の提供を開始

Google+

円滑な工事進捗の把握や報告を可能に

楽天AirMap株式会社(以下楽天AirMap)は、ドローンを活用した土木・建築現場における工事進捗の 管理を支援する新サービス「JobSight」の提供を、11月18日より開始した。

本サービスは、ドローンを活用した土木・建築現場の空撮および撮影した画像をクラウド上で一元管理するシステムを各事業者に提供し、土木・建築現場での作業進捗の記録や管理を支援する。ドローンで撮影を行うことで、従来困難であった上空からの現場全体の俯瞰や高所等における工事進捗の記録を容易にするだけでなく、飛行ルートを予め指定して自動航行させることで、定期的に同じ地点および角度からの撮影ができるため、工事発注者への進捗報告および自社内での進捗管理業務の改善につなげることもできる。また、撮影した画像はクラウド上のシステムで時系列に沿って閲覧することができ、建設後の各種施設の整備や点検といった施設管理業務にも利用可能。

各事業者は3つの販売プランからサービス内容を選択のうえ、本サービスを利用する。撮影当日は、プランに応じて楽天AirMapが派遣するドローンパイロットまたは事業者自身が、土木・建築現場でドローンの自動飛行による空撮を行い、撮影した画像をクラウド上のシステムにアップロードする。

なお、本サービスは長野県に所在する窪田建設株式会社(以下窪田建設)にて、2020年8月より先行試験導入されており、砂防堰堤工事や橋梁補修、病院建設など実際の土木・建築現場ですでに活用されている。

楽天AirMapは今後も、サービスの利便性向上に努めるとともに、安全かつ円滑なドローン活用環境の構築・拡大を目指していく。

■「JobSight」サービス概要
・サービス名: JobSight
・提供開始日: 2020年11月18日(水)
詳細はこちら

■窪田建設のコメント
工事現場は、関係者以外が外から見ることはできない場所であるため、発注者様にはもちろん、現場周辺にお住いの方々に対して「どんな工事をしているのか」「今、現場はどのような状況にあるのか」などの情報をオープンにする「工事状況の見える化」は、土木・建築業において常に課題となっています。その情報開示や発信におけるツールの1つとして、「JobSight」はとても有用です。

また、従来の現場記録や報告には、地上から撮影した写真を用いていましたが、土木工事は大変広い土地で工事を行っており、そうした写真だけでは全体感の把握が難しかったため、ドローンで俯瞰的に撮影された全景写真を用いることで、進捗や様子が大変分かりやすくなったと現場でも好評を得ています。

運用面においても、自動航行システムをセットすれば、ボタンを押すだけでドローンが自動的に航行、撮影し、手元に帰ってくるので、非常に便利です。現在は「楽天AirMap」のスタッフと連携しながら運用していますが、この手軽さを生かして、将来的には自社内で運用を完結したいと考えています。


@楽天AirMap株式会社

「いいね!」を押して
ドローンの最新情報をGET

Twitter で

この記事は私が書きました。