ドローンの未来を発掘するエンターテインメントマガジン DRONE NEXT

ドローン飛行申請が手軽に!DIPSドローン情報基盤システム

Google+

航空法で許可が必要と定められた空域でドローンを飛行させる場合や、飛行ルールを守れない場合、地方航空局や空港事務所へ許可・承認申請を行うことが必要だ。この申請について、2018年4月2日から従来の書類を送付する方法の他にオンライン申請が可能となった。実際に順を追って申請手順を解説しよう!

●Written by 吉田 智恵(Tomoe Yoshida)


まずは申請内容などの準備と確認

オンラインにより作成・提出が出来る書類は、以下の3つ
・無人航空機の飛行に関する許可・承認申請書
・無人航空機の飛行実績報告書
・無人航空機の事故等の情報提供

作業環境の確認
これらの書類を、フォームに入力したり、PDFやWord等の電子ファイルの添付により、ブラウザ上で作成し、インターネットを通じてオンラインで提出することが出来るようになったわけだが、このシステムを使用するために必要な環境は、以下の通り。

手続きの流れ
無人航空機の飛行に関する許可・承認申請書を作成して、包括申請などを提出する従来の場合は、まず、様式を国土交通省のHPからダウンロードして、Wordで申請書類の案を作成し、地方航空局または空港事務所へメールで送る。審査され、修正点があれば、メールで修正内容のWordファイルが添付され送信されてくるので、問題がなければ、許可・承認となり、Wordファイルで作成した書類をプリントアウトした後、押印して申請先に送付する。この時、許可・承認書の原本の返信用封筒を同封し、後日、返信されてくるという流れである。

新設されたオンライン申請で作成する書類の内容や書類の種類は、従来からある申請方法で作成するものと差異はない。全く同じ書類を作成することになるが、必要事項をフォームに入力することによって、自動的に書類が完成するようなっている。

許可・承認書は、ダウンロードする方法と、郵送で返信用封筒を送って原本を返送してもらう方法を選ぶことができる。

なお、このドローン情報基盤システムは、無料で誰でも利用することが可能。また、メンテナンス等のために一時的に利用できない場合もあるが、原則24時間365日利用可能。

オンラインで、許可・承認申請する際の大まかな流れは、
①アカウントの開設
②機体と操縦者情報の登録
③申請書類の作成
④審査(補正指示)
⑤許可・承認
⑥許可・承認書のダウンロードまたは原本の郵送依頼

オンラインでの申請方法

では実際に、飛行許可・承認申請について、システムの内容を見てみよう。
オンラインサービス専用サイト(ドローン情報基盤システム)へアクセスし、必要な事項を入力して進めて行く。
https://www.dips.mlit.go.jp/まずは、アカウント開設を行う。トップ画面の「はじめての方」から、個人か企業・団体かを選択し、利用規約に同意したうえで、必要事項を入力し登録、送信する。

企業・団体の登録画面

 

上図の必須と書かれた部分を入力し、登録後しばらくすると、フォームに入力したメールアドレス宛に「ドローン情報基盤システム(DIPS)への申請者情報の仮登録が完了しました」と、数字8桁の申請者IDが送られてくるので、同じメールに記載されているURLにアクセスし、本登録を完了する。

アカウントの開設が終わったら、トップ画面の「準備が済んでいる方」をクリックし、送られてきたIDと、フォームに入力したパスワードを使ってログイン。

ログイン後は飛行に関する詳細を申請

ログイン後、機体の登録、操縦者情報の登録をする。

 

次に飛行する機体を登録。
「資料の一部を省略することが出来る無人航空機」として、国土交通省のHPに掲載されている機体なら、選択することができる。

申請したい機体を選択し、機体のシリアルナンバーなどを入力する。

次に操縦者の登録を行う。
航空局ホームページに掲載する無人航空機の講習団体及び管理団体の一覧に掲載されている団体から技能証明を受けている場合とそうでない場合と入り口が分かれている。技能証明を受けている人は、「参照」から添付ファイルで、証明書等を提出する。


機体と操縦者の登録が済んだら、ログイン直後の画面の「申請書の作成(新規)」から、申請書の作成に必要な情報を入力していく。

空域を管轄する関係機関の欄を入力しないと、エラーとなり次の画面に進めない。もしもここにない場合は、「なし」などと入力し、次へ進む。

飛行の期限について、従来の申請方法のWordで書類作成する場合は「許可・承認の日から1年間」などと入力し、オンラインの場合は、カレンダーから具体的な日にちを指定するようになっている。

飛行経路を特定して、個別申請などをする場合、最大5件まで入力が可能。

「参照」をクリックすると、地理院地図が出てくるので、画面上で飛行経路図を作成する。

補助者の配置なども、ボタンで図示できるようになっている。

手軽なオンライン方式の注意点

基本的に必要事項を順番にフォームに入力したり、選択していけばよいので、操作自体は簡単。しかし、入力が選択式になっている場合、自分がどれにも該当しない場合や、例えば上図の2で、プロペラガードを使用する場合も使用しない場合もある人は、「その他」にチェックして、以前の申請と同じように文言で説明することが必要となる。
個人的には、どんな書類を何のために作っているのか、自分がどのようにドローンを運用したいのかなどを頭に入れながら記入して行くことが大事。なにも考えずに簡単にチェックを入れてしまい、無自覚のうちに自分が実際に飛行させたい方法と異なる内容の申請をしてしまわないように気を付けよう。

ここまで入力を完了すると、今回申請する操縦者を予め登録しておいた操縦者の中から選択できるようになっているので、選択をする。

飛行マニュアルを独自のマニュアルで申請したい人はあらかじめ、電子ファイルで別途作成しておいたものを「参照」から添付ファイルで提出。必要事項の入力が終わると確認画面が表示される。

書類の名称を見ると分かる通り、従来の方法で作成するのと同じ種類の書類が完成する。ひとつひとつ内容を確認した後にいよいよ申請完了となる。

申請後の画面

修正しなければいけない箇所があった場合

数日後、修正依頼があると、補正指示が発行された旨のメールが届く場合がある。


上の画面から、該当する申請を選択して、補正の指示に従う。その後、審査が終了すると、またメールで通知が届き、完了となる。電子許可書の発行を希望した場合は、申請書詳細画面より電子許可書をダウンロードが可能。

丸で囲んだリンクをクリックすると許可・承認書がダウンロードできるようになっている。従来と同じ紙の許可書の発行を希望した場合は、申請書の提出先まで、宛先及び申請受付番号を記載し、基本料金相当の切手を貼付した返信用封筒を郵送する。この場合でも、従来からある方法のように申請書をプリントアウトして押印する必要はない。申請書詳細画面で許可書の写し(PDFファイル)をダウンロードすることができる。
電子許可書を選択した場合は、後から紙の許可書の発行の請求ができないことに注意が必要である。

国土交通省航空局の担当者の方の話では、4月2日以降申請の件数のうち6割程度がオンラインで行われているそうだ。

ここまで見てきたのは、飛行許可・承認申請だったが、「飛行実績の報告」や「事故情報の報告」も同じサイトからオンラインで行うことが可能だ。

この二つについては、従来の申請方法で申請してすでに許可書をもらっている人も、実績報告や事故情報の報告だけをオンラインでおこなうことも可能だ。更新や変更の予定が先の方も、この部分だけDIPSを利用してみてはいかがでしょうか。

「いいね!」を押して
ドローンの最新情報をGET

Twitter で

この記事は私が書きました。

ドローン飛行許可・承認申請専門行政書士。法律事務所職員、団体職員を経て、東京都新宿区にて「行政書士吉田ともえ事務所」を設立。ドローンに興味を持ち、DJIスペシャリスト、JUIDA認定無人航空機操縦士・安全運航管理者、無人航空従事者試験(ドローン検定)1級、第三級陸上特殊無線技士を取得し、クライアントのドローンビジネスをサポートしている。