ドローンの未来を発掘するエンターテインメントマガジン DRONE NEXT

SONYの小型スチルカメラ”サイバーショットRX0″発売

Google+

●税込価格:8万6270円

SONYは高級コンパクトデジタルカメラのRXシリーズで培ってきた高画質技術を小型ボディにフィードバックした「コンパクトデジタルスチルカメラ サイバーショットRX0」を10月27日から発売を開始した。アクションカメラ同様に、コンパクトなボディ設計に加え、防水、防塵、耐衝撃性能等あらゆる場面に対応している。なおSONYがラインナップするFDR-X3000はアクションカムと位置づけられ、RX0はコンパクトデジタルカメラとして発売する。アクションカムのシェアを約40%占めるゴープロに対して、RXシリーズを踏襲した鮮明な高画質及び多彩な撮影機能で差別化している。


小型ボディに凝縮された総画素数約2010万画素の高技術

高感度で低ノイズ、広いダイナミックレンジを実現するメモリー一体1.0型積層型Exmor RS CMOSセンサーと、高解像でゆがみの少ない広角ZEISSテッサーT 24mm F4.0(固定)レンズ、画像処理エンジンBIONZ X(ビオンズ エックス)を搭載。有効画素数、約1530万画素の高解像度データも高速に処理し、暗所でも低ノイズで高画質な撮影を可能とした。
Exmor RS CMOSセンサーを採用したことで処理回路部分が大幅に拡張され、信号処理のスピードが飛躍的に向上。センサーからの大量の出力信号をDRAM チップ(メモリー)に一時保管することで、従来の5倍以上もの高速データ読み出しを実現。スーパースローモーションや最高1/32000秒のアンチディストーションシャッターなど、従来のセンサーでは実現できない高機能なレベルまで実現している。

映像表現の幅を広げる頑丈な小型軽量ボディ

背面には1.5型のモニターを採用

RX0のボディは59.0×40.5×29.8mm(幅×高さ×奥行、CIPA準拠)ととてもコンパクトで、重量は約110g(バッテリー、microSDメモリーカード”を含む)と軽量。なおかつ、機能面も充実していて以下の耐性を備えている。
・水深10mの防水性能(IPX8相当)
・防塵性能(IP6X相当)
・2mからの落下・衝撃耐性
・200kgfの耐荷重性
以上の耐性を備えることで過酷な環境下での撮影も可能とし、撮影や設置の自由度を高めている。

楽しさ広がる多彩な撮影機能

・スーパースローモーション
動画撮影モードは、(1,920×1,080/60p)、(1,920×1,080/30p)、(1,920×1,080/24p)、(1,920×1,080/60p)、(1,920×1,080/30p) 、、(1,280×720/120p)、(1,280×720/30p)に対応。
なおハイフレームレートの撮影にも対応しており、以下の撮影が可能だ。
(1,920×1,080/240fps)、(1,920×1,080/480fps)、(1,920×1,080/960fps)、(1,920×1,080/240fps)、(1,920×1,080/480fps)、(1,920×1,080/960fps)、(1,920×1,080/240fps)、(1,920×1,080/480fps)、(1,920×1,080/960fps)
このハイフレームレートは新開発の積層型CMOSセンサーの搭載により、最大960fps(40倍)のスーパースローモーションが撮影可能になった。プロ用の動画機器でしかできなかった撮影が、RX0のコンパクトボディで実現し、スローモーション動画ならではのクリエイティブな映像表現が、「HFR」モードを選ぶだけで手軽に楽しめる。

・アンチディストーションシャッター
センサーからの高速読み出しにより、高速な被写体を撮影した際に起こりやすい、動体ゆがみを飛躍的に低減。画素領域の上部から下部までを従来比5倍以上のスピードで高速にスキャンすることで、画面上下の読み出しタイミングの差を縮小。被写体の動きがスキャンスピードを上回る場合に発生する、動体ゆがみ(ローリングシャッター現象)を低減する電子シャッターを実現した。さらに、最高1/32000秒のシャッタースピードという圧倒的な高速撮影も実現し、撮影者の創造力をかきたてる写真表現を可能とする。

・最高約16コマ/秒の高速連写
CMOSセンサーの読み出しスピードの高速化により、有効約1530万画素の高画素でありながら、速度優先連続撮影モードで最高約16コマ/秒の高速連写を実現。ブラックアウトしにくいので、決定的瞬間や一瞬の表情も逃さずとらえられる。

・サイレント撮影
電子シャッターを使用することにより、シャッター音を出さずに撮影をすることが可能に。舞台撮影などの静かに撮影したいシーンでも、シャッター音を気にすることがなくなる。さらに、連写撮影時もサイレント撮影に設定可能だ。

・ポートレートをより印象的に撮影できる「瞳AF」
瞳だけにオートフォーカスする「瞳AF」機能を搭載。顔が斜めを向いているときでも高い精度で瞳を検出でき、浅い被写界深度でも緻密なピント合わせができる。また、合焦すると、合焦エリアが一定時間表示されるため、意図通りにピントが合っているか事前に確認できる。

ワイヤレス機能を使用して複数台で同時撮影

別売の電波式ワイヤレスコマンダーと電波式ワイヤレスレシーバーを用いることで、最大15台のシャッターを同時に押すことが可能となる。通信距離は最大約30m。また、スマートフォンの専用アプリでは5台の同時操作ができる。
主な製品仕様はこちら
■問い合わせ
ソニー http://www.sony.jp/

「いいね!」を押して
ドローンの最新情報をGET

Twitter で

この記事は私が書きました。