ドローンの未来を発掘するエンターテインメントマガジン DRONE NEXT

トルビズオンが神戸市の人口減少解決プロジェクトの事業実施候補者に選定

Google+

配達実証実験に向けてトルビズオンが神戸と連携

株式会社トルビズオンは、神戸市の「Be Smart KOBE プロジェクト」にて、事業実施候補者に選定された。トルビズオンは、六甲山を中心とした「山」フィールドでのドローン配送実装プロジェクトを提案している。今後、神戸市を始めとする様々な業界の企業とともに、社会的意義のある実証実験実施に向け協議を始める。

Be Smart KOBEプロジェクトとは
神戸市は、世界が直面する人口減少や高齢化、エネルギー転換などの課題を、先進的な技術を活用しつつ、サービスの受け手の視点で人間中心的に解決することを目指している。そこで神戸の誇る「海」と「山」をフィールドとした、「Human×Smart」な都市づくりに関する事業提案が募集された。採択された事業は、神戸市から実施にあたっての関係者との各種調整、事業者間の連携支援、規制緩和にかかる申請、事業の周知・広報等の支援が得られる。

トルビズオンが提供する上空シェアサービスsora:share(ソラシェア)について
「土地所有者の所有権はその上下(約300m)に及ぶ」という民法の制限により、無許可に他人の土地上空でドローンを飛行させることは禁止されている。その結果、ドローンユーザーは飛行可能空域の確保に課題を感じており、日本全体としてのドローン普及の足かせにもなっている。

その課題を経済の力で解決しようと考え「空の利用権を売買する」という、全く新しいサービスsora:share(ソラシェア)が開発された。まさに空のAirbnbのようなサービスである。株式会社トルビズオンは、sora:shareで管理された空を結んでいくことにより、従来では困難だったドローン物流を実現することに成功している。

sorashareのビジネスモデル

sorashareのビジネスモデル

神戸市とトルビズオンで実現するドローン社会
トルビズオンはこれまで広島県府中市、福岡市、山口県下関市にて、自治体等との連携によりドローン配送を実現してきた。そして今回のプロジェクト採択により、新たに神戸市との連携がスタートし、神戸でのドローン配送実証実験に向けて協議を進めていく。

本プロジェクトでは将来的なドローン社会を見据え、通常の配送業務のみの実施ではなく災害時の物資輸送など、より社会的な意義を持ったドローン活用を検討している。sora:shareが掲げる「Sky as a Service(サービスとしての空)」を実現する上でも、配送ドローンの災害業務や点検業務へのマルチユース化は不可欠だ。

つくばSociety5.0社会実装トライアルに採択(左より五十嵐つくば市長、COO清水淳史)

つくばSociety5.0社会実装トライアルに採択(左より五十嵐つくば市長、COO清水淳史)

本プロジェクトへ参画を希望する事業者を募集
株式会社トルビズオンは、本社会実装プロジェクトへの参画を希望する事業者、個人を募集している。
ドローン配送を導入したい小売店や機体メーカー、空の利活用にご興味のある土地オーナーなど幅広い方からの募集を受け付けている。
連絡は下記のメールアドレスから
担当:清水淳史
E-mail:a.shimizu@truebizon.com

東京、つくばに拠点を新設
拡大するドローン配送需要に対応するため、トルビズオンは新たに東京とつくばに拠点を新設し、全国企業としてビジネスをしていく
《東京第一サテライトオフィス》
東京都中央区京橋1丁目1番地5 セントラルビル2階
《東京第二サテライトオフィス》
東京都港区芝2丁目14番地5
《つくばサテライトオフィス》
茨城県つくば市吾妻2丁目5番地1 スタートアップパーク


@株式会社トルビズオン
@Be Smart KOBE
@sora share

「いいね!」を押して
ドローンの最新情報をGET

Twitter で

この記事は私が書きました。