ドローンの未来を発掘するエンターテインメントマガジン DRONE NEXT

DJIとIntelがドローンを共同開発!
プログラミングを学べる「Tello」

Google+

ラスベガスで開催する家電製品の見本市「CES2018」にて新たなドローンがRyzeから発表された。重量が80gと規制に縛られないサイズながらもDJIとIntelが共同開発を果たしたドローンとして「Tello」は注目を集めている。


税込価格:1万2800円

スタートアップ企業のRyze Technologyは小型ドローンの「Tello」を発表。価格は税込1万2800円で早くもDJIストアやセキドで先行予約を開始している。TelloはDJIとIntelが共同開発した子供向けドローンとして発表。しかし、子供向けドローンの枠には納まらないほどに高性能なドローンとなっているのだ。

出で立ちはDJIのスパークによく似ているが、スパークが300gなのに対しTelloは80gとかなり軽量でコンパクトな仕上がりだ。手のひらに収まるサイズ感で、そのまま空中に投げるだけで簡単に飛行を始められる。

Telloのすごいところは寸法だけではない。TelloはInter14コアプロセッサとDJI飛行制御システムを搭載。これにより、安定した飛行性能と約13分間の飛行時間を可能にした。また、ボディの先端にはスタビライザー機能を内蔵したHDカメラを備え、720pのビデオ撮影や、リアルタイムHDビデオによるFPV飛行も楽しめる仕様となっている。

コントローラーは子供も馴染みやすいTVゲームのコントローラーに似た形状を採用。

フリップによるアクロバット飛行も搭載。

Telloはプログラミング教育に役立てるためにScratchと呼ばれるシステムを搭載した。これによりプログラムをコードで作成して、ドローンをカスタマイズさせていける。

さらに80gとはいえ、安全面にも工夫が凝らされている。柔軟性のあるプロペラを備えているのに加え、プロペラガードも用意。また、障害物との接触を防ぐために衝突検出システムも内蔵された。

【機体重量】80g(プロペラ・バッテリー含む)
【サイズ】98×92.5×41mm
【プロペラサイズ】3インチ
【内蔵機能 】
レンジファインダ
気圧高度計
LEDインジケータ
ビジョンシステム(下向き)
WIFI/802.11n / 2.4G
720Pライブビュー
【充電】micro USB
【フライト】最大伝送距離 100m
【最大速度】8m/秒
【最大飛行時間】13分
【バッテリー】容量/ 電圧 1100mAh/ 3.8V
【カメラ】
静止画 5MP(2592×1936)
FOV 82.6°
動画 HD:720p30
ファイル形式 JPG(静止画)/ MP4(動画)
手ぶれ補正 〇


■問い合わせ
Ryze Technology
DJIストア

「いいね!」を押して
ドローンの最新情報をGET

Twitter で

この記事は私が書きました。

DRONE NEXT編集長。1989年静岡県生まれ。自動車業界を経て、学生時代から趣味で乗っていたバイク好きが高じて2014年にバイク雑誌ヤングマシン編集部に配属。ある日、ドローンの新たなる未来と可能性に興味を持ち、2017年5月からドローンのフライトを始め、JUIDA認定校のドローン大学校を修了。