ドローンの未来を発掘するエンターテインメントマガジン DRONE NEXT

テラドローンが現地法人テラドローンマレーシアを設立

Google+

世界規模のドローン産業革命を目指して

テラドローン株式会社(以下 テラドローン)は、新たに現地法人テラドローンマレーシアを設立した。
テラドローンマレーシアは、ドローンを活用した石油ガス関連設備の点検をはじめ、送電線点検、地形測量、携帯基地局点検など様々な分野におけるソリューションを提供し、東南アジア地域における需要の高いインフラ・都市開発も行っていく。

テラドローンマレーシアは、クアラルンプールのスタートアップ・インキュベーション施設である「テクノロジー・パーク・マレーシア」に拠点を置き、ドローンソリューションを提供していく。インドネシア支社の経営も行う東南アジア事業統括である羽渕毅氏に加え、CEOにはイズワン・ザイナル氏、事業開発マネージャーにはファーダス・イスマル氏を迎え、本拠点の経営を本格的にスタートする。

本拠点の設立は、既存のドローンサービスプロバイダーと競合することが目的ではない。世界20カ国以上に展開するテラドローングループが持つソリューションのノウハウや技術を、マレーシアに持ち込むことにより、同国のドローン産業革命に拍車をかけることを目的としている。

テラドローンマレーシアの常務取締役兼CEOであるイズワン・ザイナル氏は、「我々は、『競合』ではなく『協業』していきたいと考えている。テクノロジー・パーク・マレーシア、マレーシア・デジタル・エコノミー・コーポレーション、マレーシア民間航空局などの同国の政府関連企業、さらには、競合他社から今後顧客や協業先となる可能性のある企業まで、あらゆる企業との協業を視野に入れている。マレーシアの人々の利益のために活動できることを大変嬉しく思っている。」と述べた。

テラドローングループは、軍事用ドローン、ドローン搭載型レーザ(Terra Lidar)、UT非破壊検査用ドローン、地下鉱山マッピング用ドローンなどのハード開発・販売も行っている。テラドローンマレーシアは、多岐に渡るドローンソリューションの提供のほか、これらのドローンの直販・購入・リース事業も行っていく。


@テラドローン株式会社

「いいね!」を押して
ドローンの最新情報をGET

Twitter で

この記事は私が書きました。