ドローンの未来を発掘するエンターテインメントマガジン DRONE NEXT

「東京都におけるドローン物流プラットフォーム社会実装プロジェクト」開始

Google+

都心でのドローン配送サービス実装に向けたプロジェクト

KDDI株式会社(以下KDDI)、日本航空株式会社 (以下JAL)、東日本旅客鉄道株式会社(以下JR)、株式会社ウェザーニューズ(以下ウェザーニューズ)、Terra Drone株式会社 (以下テラドローン)は、東京都(委託先:株式会社三菱総合研究所)の公募に対して、「東京都におけるドローン物流プラットフォーム社会実装~ドローンを活用したまちづくり~」(以下 本プロジェクト)を提案し、2020年8月31日に採択された。

@東京都の公募-ドローンを活用した物流サービス等のビジネスモデル構築に関するプロジェクト

本プロジェクトでは、アフターコロナにおける物流変革を見据え、薬局や病院などに対する医薬品のドローン配送や、駅周辺施設のフードデリバリー・警備など、ドローンサービスに関するビジネスモデルを検討し、2021年度に東京都内にて行う予定の実証実験を通じて運用の課題や収益性などを検証する。

本プロジェクトイメージ図

ドローンの利活用促進のための環境整備や技術開発は近年着実に進みつつあり、政府の成長戦略や官民協議会の定めるロードマップにおいても、2022年度を目途に有人地帯でのドローンの目視外飛行を可能にすることが目標として掲げられている。東京都は有人地帯での目視外飛行の実現を機に、ドローンを活用した物流ビジネスなど、空の産業革命に対応する新たなビジネスの速やかな社会実装を目指すため、ドローン関連のビジネスモデル構築を2021 年度までの2か年度で支援する。

本プロジェクトにおいても、医薬品物流領域および駅周辺の物流領域をメインとする輸送サービスの検証を実施し、社会実装に向けたドローン配送の効果的な運用オペレーションの構築を目指す。

プロジェクトの概要

医薬品配送や駅周辺施設の活用を中心としたドローン物流サービスのビジネスモデルを検討・フィールド実証を行い、ビジネスモデルの収益性向上を検証する。生産年齢人口の減少、荷物の小口化と多様化により、物流分野におけるドライバー不足が顕在化している。また、新型コロナウイルスの蔓延により、物流分野においても人を介さない非接触やソーシャルディスタンスを確保する生活様式の変化に対応することが求められ、それら課題をドローン物流により解決し持続可能な事業構築を目指すとともに、アフターコロナにおける物流変革にも貢献していく。ドローン物流基盤の構築には、モバイル通信を活用したスマートドローンプラットフォームを活用し、都市部における安心・安全な空の運航の実現を目指す。

■ 医薬品のドローン配送
・緊急時や災害時を想定し、医薬品や医療機器等の卸売事業を行っている株式会社メディセオの拠点から聖路加国際病院に向けた医療用医薬品配送を実施し、既存物流の代替または新たな手段としてドローンを実装する。
・ドローンによる即時輸送、非接触による医薬品配送により、医療技術や公衆衛生向上に寄与する。

■駅周辺施設を活用したフードデリバリーや警備などのサービス
・駅周辺施設において、飲食店から周辺オフィスなどへドローンを活用したデリバリーサービスの実証を検討中。
・駅周辺施設における巡回警備などにおけるドローン活用の実証を検討する。

各社の役割

KDDI株式会社 プロジェクト全体取りまとめ
4G LTEを活用したスマートドローン プラットフォームの提供
日本航空株式会社 安全管理、ドローン物流モデルのフィージビリティ評価
医薬品配送のビジネスモデル構築
東日本旅客鉄道株式会社 駅前およびその周辺施設におけるロケーションの提供
フードデリバリーサービスのビジネスモデル構築
巡回警備などにおけるドローン活用の検討
株式会社ウェザーニューズ 高精度気象予測情報・気象観測装置の提供、有人ヘリとの連携
Terra Drone株式会社 有人航空管制連携を含めた航空管制プラットフォームの提供


■想定対象エリア
都内湾岸エリアおよび都心の駅周辺。

■実施期間
2020年8月から2022年3月まで。

■協力先
株式会社メディセオ:医薬品配送ビジネスモデル検証協力、医薬品輸送のアドバイザー。
・学校法人聖路加国際大学 聖路加国際病院:医薬品配送ビジネスモデル検証協力。


@KDDI株式会社
@東日本旅客鉄道株式会社
@日本航空株式会社
@株式会社ウェザーニューズ
@テラドローン株式会社

「いいね!」を押して
ドローンの最新情報をGET

Twitter で

この記事は私が書きました。