ドローンの未来を発掘するエンターテインメントマガジン DRONE NEXT

東光が「東光レスキュードローン® TSVーRQ1」を発表 

Google+

「国土強靭化計画」に沿った防災・減災への貢献

ドローンメーカーの東光鉄工株式会社(以下東光)は、人命救助や災害出動現場における情報収集、レスキュー活動などに活用できる多目的防水ドローン「TSVーRQ1」を発表した。開発から3年。耐風性・防水性に加え、浮沈構造を追加するなどレビューを繰り返しながら、国内製にこだわった新しいレスキュードローンの製品化に成功した。

2017年の開発当初、国内の多目的防水ドローンは防滴レベルであり、付属品においては防水ではないものもああった。一般的な空撮機には防水仕様もあるが、「純国産」のレスキュードローンの開発は国内初になる。

東光レスキュードローン® TSV-RQ1

東光レスキュードローン® TSV-RQ1

空気抵抗の少ない、デザイン性を併せ持つ流線型ボディ形状により、耐風18m /s 防塵防水IP 55の性能を実現、強風時・悪天候でも安定した飛行が可能になった。『2重モノコック構造』というボディそのものに骨格としての強度を持たせたフレームの無い構造により、気密性(浮沈構造)も実現した。フライトコントローラーも国内製を採用し、セキュリティの向上が図られている。
また、取り付け簡単なアタッチメント式を採用した多彩なオプションが用意されている。

■高感度・赤外線カメラ
暗闇でも昼間の明るさが可能。赤外線モードでの撮影も可能とする2眼タイプ。

■高輝度LEDライト
明るさは8000lm。高度100mからの確認が可能。

■オプション3. ハイパワースピーカー
高度100mの上空から地上に届く音声。無線通信可能距離は最大5km。

■オプション4. リリースユニット
最大重量2kgまでの物資を搭載可能。

オプション詳細

■多様化する防災・減災の対応
近年、災害の多様化によって救助現場のみならず、防災・減災の必要性が注目されている。多機能・高性能なレスキュードローンの役割は大きく、国が進める「国土強靭化計画」への貢献にもつながる。

追求した耐風性、防水性、気密性はレスキュー以外からも着目されており、例えば秋田県は冬季における日本海からの強い季節風など、風資源に恵まれた国内有数の風力発電の適地であり、2025年までに風力発電81・5万kwの導入が見込まれており、県有地中心に風車建設が進められているが、現状では風車メンテナンスは人の目視が中心。本機のような耐風、耐水、気密性に優れたドローンによる点検時のブレード撮影や修理時の物資運搬への利用など、さまざまな可能性が広がっている。

東光はTSVーRQ1の開発目標に「地域貢献」「社会インフラ貢献」を掲げている。製品化によりドローンを活用する地域企業を育成し、雇用拡大などの形で支援するとともに、社会インフラ維持、メンテナンス効率化も目指していく。


@東光鉄工株式会社

「いいね!」を押して
ドローンの最新情報をGET

Twitter で

この記事は私が書きました。