ドローンの未来を発掘するエンターテインメントマガジン DRONE NEXT

「UAV 等を用いた砂防堰堤の自動巡回・画像取得技術」の要求性能に対する意見募集

Google+

砂防施設点検技術として注目されているUAV(ドローン)技術

国土交通省では、公共工事等における新技術活用システムの活用方式「テーマ設定型(技術公募)」の実施にむけて、『UAV 等を用いた砂防堰堤の自動巡回・画像取得技術』の要求性能(案)に対する意見を、7月28日から8月24日まで募集する。

「テーマ設定型(技術公募)」とは直轄工事等における現場ニーズ・行政ニーズ等に基づき技術テーマを設定し、民間等から技術の公募を行い、同一条件下の現場実証等を経て、個々の技術の特徴を明確にした資料(技術比較表)を作成し、新技術の活用を促進する取り組み。

今回の募集に先立って、3月に「UAV 等を用いた砂防堰堤の自動巡回・画像取得技術」に関する技術比較表を公表した。この技術比較表は砂防特有の環境下における安全かつ効率的・効果的な砂防施設点検に適したものを選定するため、性能評価項目及び試験方法を設定した上で、同一条件の下で実施した試験結果を取りまとめたもの。

今回、「UAV 等を用いた砂防堰堤の自動巡回・画像取得技術」の次の段階として、中距離での砂防施設点検へ活用するため、リクワイヤメントを再設定し技術を再度比較することになった。本募集は、そのプロセスの一環として「UAV 等を用いた砂防堰堤の自動巡回・画像取得技術」の要求性能(案)に対する意見を募集する。募集された意見は新技術活用システムの活用方式「テーマ設定型(技術公募)」の実施にあたっての要求性能設定の参考となる。


応募方法・応募様式-一般財団法人 砂防・地すべり技術センター
@国土交通省
@一般財団法人 砂防・地すべり技術センター

「いいね!」を押して
ドローンの最新情報をGET

Twitter で

この記事は私が書きました。