ドローンの未来を発掘するエンターテインメントマガジン DRONE NEXT

大阪府泉南市にてドローンを活用した台風21号による公共施設の被害状況の点検撮影を実施

Google+

ドローン運用の最適な日取りをサポートするDro天

株式会社E・C・R一級建築士事務所は、今年4月6日に平成30年9月19日~21日の期間で締結した「災害時における支援協力に関する協定書」に基づき平成30年台風第21号の被害状況について、ドローンを使用し泉南市の公共施設の点検撮影を実施する。

点検する撮影期間は天気による運行を考慮し、当社がサービス提供するドローン向け天気予報システム「Dro天(どろてん)」を活用することで最適な機関を決定した。

中部ポンプ場 鋼板屋根剥離状況

旧鳴滝第一小学校体育館 軒先破損状況
https://www.atpress.ne.jp/releases/166766/img_166766_2.jpg

■「Dro天」を活用したドローンでの点検撮影実施の背景
・2018年に発生した台風第21号の泉南市の被害状況確認の為の撮影依頼があったため。
・台風が過ぎた後の天候もあまり良くなかったので点検撮影日決定にはDro天を活用していただきました。
・各部署の方から危機管理課へ状況確認支援の依頼があったため。
使用ドローン:Inspire 2、Phantom 4 Pro、Inspire 1
対象施設  :中部ポンプ場、旧鳴滝第一小学校、雄信小学校、樽井公民館、
図書館、文化ホール、若松湯、市民体育館、樽井小学校講堂

■「Dro天」について
「Dro天」は、当社が株式会社気象工学研究所と協力して開発したドローン向け天気予報システムだ。2018年4月26日より予報業務許可事業者の株式会社気象工学研究所から情報提供を受け、33日先までの天気予報を当社が運営する「Dro天」サイトで公開してきた。6月14日より情報更新の頻度を高めるなどの取り組みを行っている。
※ 「Dro天」の予報システムは、これまで通りパソコンやスマホから無料で情報をご覧いただけますが、利用に際しては専用サイトから事前登録が必要です。
※ 「Dro天」は特許出願中で、名称は商標登録を申請しています。
「Dro天」登録申込: https://droten-jp.ecr-drone.com/users/login

「いいね!」を押して
ドローンの最新情報をGET

Twitter で

この記事は私が書きました。