ドローンの未来を発掘するエンターテインメントマガジン DRONE NEXT

ドローン/スマートフォン活用による自治体業務の効率化に関する事例セミナーを実施

Google+

自治体業務におけるドローンやスマートフォンの活用

一般社団法人 救急医療・災害対応無人機等自動支援システム活用推進協議会(以下 EDAC)は、2019年7月18日(木)に小山町役場にて、ドローンやスマートフォンからの位置情報付きリアルタイム情報配信サービス「Hec-Eye(ヘックアイ)」の自治体業務での活用に関して、実例の紹介を交えた運用セミナーを実施した。

複数のドローン/スマートフォンのリアルタイム映像を複数拠点に配信できるシステムの活用方法についてセミナーを実施

本セミナーでは、位置情報や映像等の情報をリアルタイム配信可能にする「Hec-Eye」と連携したドローンやスマートフォンを活用することで、自治体の業務効率改善への有用性について、熊本県南小国町における取組事例の紹介を交え、不法投棄対策業務や鳥獣害対策業務の簡素化、災害発生時の空と陸からの取得情報の一元管理等での活用事例について解説を行った。セミナー後は模擬訓練を行い、離れた場所にあるドローンおよびスマートフォンのリアルタイム情報がHec-Eyeによって配信されてくる様子を実際に確認していただいていた。

Hec-Eyeにより配信されてくるドローンやスマートフォンの映像の確認

当社は今後もHec-Eyeを活用したセミナーを、全国の自治体と連携して各地で実施していく予定だ。

■セミナー・デモンストレーション概要
日時:2019年7月18日(木)
場所:小山町役場
講師:寺西 達哉(EDAC事務局員/ドローン操縦士/防災士)
内容
1.ドローンについて
2.ドローン映像等の遠隔情報共有システム「Hec-Eye」について
3.まちづくりでの活用(南小国町での事例紹介)
4.デモンストレーション

■Hec-Eyeについて
「Hec-Eye」はリアルグローブが、EDAC監修のもと開発した、ドローン等からの取得情報を地図上に集約し共有するプラットフォームで、総務省の「平成27年度補正予算IoTサービス創出支援事業」の採択案件を通じて構築されたリファレンスモデル(成果物)を核として開発されたサービスである。救急医療・災害対応分野での活動支援や業務効率化を目的として開発され、現在は鳥獣害対策や観光分野等も含めたより広い分野で活用されている。また、「Best of Japan Drone Award 2019」では、ソフトウェア部門の最優秀賞に選出されている。


@株式会社リアルグローブ
@自動支援システム活用推進協議会

「いいね!」を押して
ドローンの最新情報をGET

Twitter で

この記事は私が書きました。