ドローンの未来を発掘するエンターテインメントマガジン DRONE NEXT

ドローンによる避難者情報および現場状況の実証を高知県総合防災訓練で実施

Google+

リアルタイムな災害現場の状況を市の防災団体と共有

一般社団法人 救急医療・災害対応無人機等自動支援システム活用推進協議会(以下 EDAC・イーダック)、関株式会社(以下 関)、株式会社リアルグローブ(以下 リアルグローブ)は、地元自治体の協力のもと、2019年6月9日に高知県主催で実施された県防災訓練にて、「Hec-Eye(ヘックアイ)」と連携したドローンを活用し、「RESCUE REQUEST(レスキューリクエスト)」に表示された避難者および要救助者の人数や現場状況の把握を行う実証を実施した。

本実証では、水難救助の想定現場でリアルタイムで位置情報と映像の配信ができる「Hec-Eye」と連携したドローンを飛行させて、迅速な避難情報の発信を可能とする「RESCUE REQUEST」に表示された「緊急」「避難者」数の把握が行えるかどうかの確認を行った。当日は、南国市および香南市のサテライト会場2地点で同時にドローンを飛行させ、双方の現場状況や避難者情報を市の防災担当者に相互的な確認を取った。

本実証を通じて、複数現場で同時多発的に被害の発生が想定される災害において市町村を跨いだ連携が望まれることを考慮した時に、複数の遠隔地でリアルタイムに位置情報と映像を共有できるサービスおよび緊急時でも単純かつ迅速に行える情報発信手段の有用性が高いということを確認。

 

・Hec-Eyeについて
「Hec-Eye」はリアルグローブが、EDAC監修のもと開発した、ドローン等からの取得情報を地図上に集約し共有するプラットフォームで、総務省の「平成27年度補正予算IoTサービス創出支援事業」の採択案件を通じて構築されたリファレンスモデル(成果物)を核として開発されたサービス。救急医療・災害対応分野での活動支援や業務効率化を目的として開発され、現在は鳥獣害対策や観光分野等も含めたより広い分野で活用されている。

 

「Best of Japan Drone Award 2019」では、ソフトウェア部門の最優秀賞に選出された。


@一般社団法人 救急医療・災害対応無人機等自動支援システム活用推進協議会(EDAC)

「いいね!」を押して
ドローンの最新情報をGET

Twitter で

この記事は私が書きました。