ドローンの未来を発掘するエンターテインメントマガジン DRONE NEXT

カメラの基礎が学べるドローン空撮初心者向けの講座「ドローン操縦士のためのカメラ入門eラーニング講座」開講

Google+

オンラインでドローンの操縦技能を学習

株式会社グローバルキャストはドローンに関連するオンライン学習サービス「Propeller Lab(プロペララボ)」にて、株式会社WADAYAと共同し、2019年5月10日(金)より、「ドローン操縦士のためのカメラ入門eラーニング講座」を開講した。

昨今、ドローンの操縦法を身に着けられる場所や機会が増え、ドローンを操縦できる人は増えてきているものの、写真や映像の基礎知識が少なく、「真っ白でほとんど何も撮れていなかった・・」「撮影したけど上手く撮れない」といった悩みを抱えている方が多く見受けられる。今回、そのような悩みを解決すべく、株式会社WADAYAと共同し、カメラの基礎知識をオンラインで学べるドローン撮影初心者のための講座が開講された。

本講座は、カメラワークや構図、ワークフローの変化について、イメージセンサー、適正露出、絞り、シャッタースピード、ISO感度といった映像や写真撮影に必要な基礎知識をメインとしている。カメラの基礎知識をつけることで、安定してドローン操縦することができ事故防止にも繋がげられる。グローバルキャストは「Propeller Lab(プロペララボ)」を通して、今後もドローンの知識や技術向上に貢献していくとしている。

■サービス概要
サービス名               : ドローン操縦士のためのカメラ入門eラーニング講座
開校日         : 2019年5月10日(金)
担当講師      : 株式会社WADAYA  代表取締役 和田 圭介
公式サイトURL       : https://propeller-labo.com/curriculum/highshot01/

■カリキュラム内容
基本のカメラワークや構図など、映像や写真撮影に必要な基礎知識を学習。

■概要
受講料       :4,000円(税込)
学習目安時間:1時間30分
視聴期間      :12ヶ月

■講座内容
1:はじめに
2:業界のワークフローの変化について
3:イメージセンサーとは?
4:適正露出について
5:絞りとは?
6:シャッタースピードってなに?
7:ISO感度について
8:ムービーカメラのシャッタースピードの設定
9:ホワイトバランスの設定
10:レンズの画角と構図の関係について
11:画角を固定されているドローンのレンズの場合
12:カメラワーク
13:ジンバルについて
14:ドローンが作るカメラワークのまとめ
15:ドローンでどんな映像を撮るのか
16:まとめ
※講座内容は変更になる場合あり。

■担当講師紹介


担当講師
株式会社WADAYA 代表取締役 和田 圭介

写真撮影、映像制作を行う制作会社の代表取締役であり、自らも企画演出、撮影編集などをこなす、クリエイター建築士として建築設計を行う傍、19歳でブライダルフォトグラファーの仕事をはじめることをきっかけにカメラマンとなる。その後、教育関連の仕事につき、コンテンツ制作における人材育成及び、そのカリキュラム、コンテンツ制作をおこなっていたが、制作現場への思いから、コンテンツ制作会社に入社し、某大手企業に、教育映像における映像プロデューサーとして出向。現在のビジネスの原型につながる現代ならではの映像表現や、ミニマル撮影フローを確立する。その後、デジタル、撮影や写真技術を生かした、コンテンツ制作を行う会社を作り横浜に、コンテンツ制作に特化した撮影スタジオを構える。現在、商品や人物の撮影はもちろん、CMやPV、教育映像など、幅広い作品を手がけている。


@プロペララボ

「いいね!」を押して
ドローンの最新情報をGET

Twitter で

この記事は私が書きました。