ドローンの未来を発掘するエンターテインメントマガジン DRONE NEXT

DJI が「農業ワールド」にAGRAS MG-1の新モデルを出展

Google+

完全自動航行を目的に作られたAGRAS登場

DJI JAPAN 株式会社は、2018年10月10日(水)から12日(金)までの3日間、幕張メッセで開催される国内最大の農業総合展「農業ワールド」 に出展し、農薬散布機「DJI AGRAS(アグラス)」シリーズの次世代モデル「DJI AGRAS MG-1P RTK(MG-1P RTK)」を国内で初めて展示する。

高精度な完全自動航行を搭載した「DJI AGRAS MG-1P RTK」は、正確な位置情報を把握し、より安全で効率的な農薬散布を実現。MG-1P RTKは、送信機または移動局を使用した測量やクラウドRTKとの連携など、様々な方法で自動航行プランの作成が可能だ。また、「PHANTOM 4」シリーズと連携させることで、より高精度な自動航行が可能になる。例えば、30haの圃場をPhantom 4 シリーズが約20分で地図と散布エリアを作成し、MG-1P RTKで最大5台同時での自動農薬散布が可能になる。なお、MG-1P RTKは、2019年の散布シーズンに国内での提供を予定している。また、「AGRAS MG-1S」は、2018年10月10日(水)より販売価格を130万円前後に改定し提供を決定した。

「農業ワールド 2018」の期間中、DJIブースでは、MG-1P RTKを始めとする「DJI AGRAS」シリーズの機体の展示やMG-1P RTKを詳しく紹介するプレゼンテーションや実際にAGRASシリーズを活用し農薬散布を行う散布オペレーターの方より、AGRASを活用した散布方法を紹介するゲストセッションも予定している。

■出展概要:
・開催日時:2018年10月10日(水)~ 12日(金)10:00〜18:00
(※最終日のみ17:00終了)
・会場:幕張メッセ (〒261-8550 千葉市美浜区中瀬2-1)
・DJIブース:36-31
・「農業ワールド 2018」URL: http://www.nogyoworld.jp/tokyo/

「いいね!」を押して
ドローンの最新情報をGET

Twitter で

この記事は私が書きました。

DRONE NEXT編集長。1989年静岡県生まれ。自動車業界を経て、学生時代から趣味で乗っていたバイク好きが高じて2014年にバイク雑誌ヤングマシン編集部に配属。ある日、ドローンの新たなる未来と可能性に興味を持ち、2017年5月からドローンのフライトを始め、JUIDA認定校のドローン大学校を修了。