ドローンの未来を発掘するエンターテインメントマガジン DRONE NEXT

クリアな音声で広域&ピンポイントアナウンスを実現「アナウンサードローン」を発表

Google+

搭載スピーカーの進化でドローンの用途が拡大

IT関連事業及びドローンソリューション事業のクオリティソフト株式会社は、政府、自治体、DMO、企業にむけて、災害発生時の広域アナウンスや避難誘導等に有用な「アナウンサードローン(型名:QAD-01)」の受注開始を発表した。

従来の防災スピーカーのアナウンスは、「聞き取りにくい」「ピンポイントでアナウンスできない」などの課題があった。しかし、「アナウンサードローン」は中高音域の音声出力に特化した圧電スピーカーを日本で初めて搭載・実用化。ドローンに搭載することで上空から音声を届けたい場所にピンポイントでアナウンスできるため、発災時の避難誘導等に使用できる。さらに日本語の文章から自然な音声データを生成して、28ヵ国語に翻訳してアナウンスを行えるAIアナウンス機能を備えているため、増加するインバウンドへの対応として緊急時の誘導や遭難者の捜索等対応にも効果を発揮する。

アナウンサードローン

アナウンサードローン

圧電スピーカー

圧電スピーカー

■製品の特長
○上空150mからでもクリアに聞こえる圧電スピーカー
プロペラによる風切り音に影響を受けないよう設計されているため、上空150mからでも機体を中心に半径150mの範囲で音声伝達ができる。音圧減衰も少なく、しっかりとした音声を伝えることが可能。また、軽量・省電力のためドローン搭載の電力消費や重量増による飛行時間影響の懸念なく発災時の避難指示に利用できる。

■AIアナウンス機能
日本語の文章から自然な音声データを生成し、最大28ヵ国語でアナウンスができる。海外からの観光客や労働者が増加する日本国内で、避難看板などが未整備の地域や工場、学校、自治体などの防災対策としても有用なドローンとして導入できる。

■広域でも可能な音声データ通信
音声データの最大通信距離が3,000mあり、オペレーターがいる場所から広範囲にドローンを移動させてアナウンスをすることが可能。

■用途に合わせて最適なカメラ選択
標準搭載の可視カメラの他に赤外線カメラ、光学30倍ズームカメラを選択することができる。利用用途に応じたカメラの搭載によって、遭難者の捜索や夜間の非常時、ドローンが直接近づけない場所にいる人とのコミュニケーションも可能になる。

■価格・販売体制
「アナウンサードローン」は受注生産。全国の販売パートナーを通じて販売を開始する。
予定価格:オープンプライス
※オプション選択により価格、納期等が変動。


@クオリティソフト株式会社

「いいね!」を押して
ドローンの最新情報をGET

Twitter で

この記事は私が書きました。