ドローンの未来を発掘するエンターテインメントマガジン DRONE NEXT

AppleとDJIで販売開始!プログラミング教育用ドローン「Tello EDU」が登場!

Google+

プログラミング教育に最適な待望のドローン!

2018年11月14日にTelloミニドローンを製造するRyze Techは、プログラミング教育用ドローン「Tello EDU」を発表した。プログラミング言語がさらに追加され、ドローンの編隊飛行が可能な本製品は、教育の機会を拡大する。Tello EDUは、DJIオンラインストアstore.dji.comとAppleオンラインストアapple.com、および全世界のAppleストア(一部地域を除く)で販売が開始される。

2018年初頭1月のCESでの発表以来、Telloドローンは、最高のビキナー向けドローン、また、最も費用対効果の高いドローンと話題になっています。Telloは、物理学やエンジニアリング、コンピュータープログラミングを楽しく学べるツールとして、学校教育の場や科学・技術・工学・数学の教育分野でのキャンプなどで活用されている。DrobotsやDroneblocksのような企業は、Telloを米国中のSTEM教育キャンプや学校のプログラムで何百回も活用している。

Tello EDUはこれらの長所を、さらに拡張するように構築された。Tello EDUはScratch、/Swift、/Pythonでプログラミングできるため、初心者でも経験を積んだプログラマーでも楽しみながら学ぶことができる。Tello EDUにはドローンが認識・反応できる経路上の地点情報として使える4枚のミッションパッドが同梱されるほか、Tello EDUはビデオストリームデータへのアクセスが出来るできるため、その結果ジェスチャーコントロールのような高度制御のコーディングを学習することも可能になった。

楽しみ方は他にも多数あり、Tello EDUの重量はわずか87gでHDカメラを搭載し、フリップやトリックが可能な飛行モードも備えている。さらに、Tello EDUには学生や児童向けのバーチャルミッションに挑戦する専用のアプリもあり、AppleのSwift Playgroundsアプリには「Tello Space Travel」アドベンチャーも用意された。

「Telloは、子供が学ぶことに対して積極的になれる方法を提供。安全で、価格もリーズナブルなだけでなく、影響力を持つ楽しいドローンとなっている。教育に携わる者として、まさに探していた製品を実現した。「Tello EDU は、あらゆる物事を次のレベルへと引き上げるでしょう。」と、TelloをSTEMサマーキャンプで活用するDrobots社のCEOの、Robert Elwood氏は述べた。
多くのプログラミング言語に対応
Tello EDUは、 Scratch、SwiftやPythonといった複数のプログラミング言語に対応。基本的なScratchエディターかTello EDUアプリを使用して、ユーザーはブロック プログラミングでミッションを作成できる。AppleのSwift Playgroundsアプリは、 ユーザーが宇宙飛行士となって宇宙探検する「Tello Space Travel」レッスンで、より幅広いコーディングのコンセプトとアクティビティを学ぶことができる。新しいSDK 2.0により、ユーザーはより高度な機能を開発し、ビデオストリームからのデータのやり取りを行い、ジェスチャーコントロールのような可能性を生み出すことができる。この新機能により、コンピュータビジョンのような複雑なテーマの基礎を学ぶことが可能になった。

「教師や学生の皆さんは、弊社のアプリをScratchといったドラッグ&ドロップではじめられるプログラム言語を使って、Telloのコーディングミッションに活用いただいています。米国内では、すでに数百の学校施設が、DroneBlocksを使用し、てTelloを授業に活用しています。PythonhthonやSwiftなどのコーディング言語とあわせて、可能性がさらに広がっていくことに大いに期待しています。私たちは、Tello EDU専用の新しい学習コースも開発しているところです。」とDroneBlocksの設立者、Dennis Baldwin氏は述べた。

ミッションパッドで、編隊飛行のプログラミング学習
Tello EDUには豊富なプログラミング体験を提供するカラフルなアクセサリー、ミッションパッドが4つ同梱され、ユーザーはミッションパッドを使用してTello EDUにその位置を認識する様に教え、特定のレスポンスを引き出す事ができる。

WiFiアクセスポイントで複数のドローンから成る編隊をプログラミングし、同期した飛行ミッションや、複雑なパフォーマンス飛行などを実行することができる。ミッションパッドは、ドローンに位置を認識させ、コマンドに沿って反応するのに重要な役割を果たしている。

 

Intelとの連携で強化されたDJIテクノロジー
Tello EDUは、DJIとIntelという主要なテクノロジーを搭載。搭載されたIntel® Movidius™ 視覚処理ユニット(VPU)により、Tello EDUのビジョン ポジショニングをサポートし、その場でホバリングして安定性と安全性を確保。 また、フライトコントローラーとビジョン ポジショニング システムは、DJIの大型ドローンに採用されている業界トップのテクノロジーに基づいている。

「RyzeTechとこれからもパートナーシップを継続できることを、大変うれしく思っています。そして、今後のTelloシリーズの進化も待ち遠しいですね。Telloは、科学・エンジニアリング・テクノロジー・数学に、より多くの子供が興味を持つことのできる、非常に大きなチャンスだと考えています。ドローンとロボット工学の組み合わせは、子供たちにとってはプログラミングを遊びながら学べる貴重な機会となるでしょう。」とDJI 副社長兼北米エリア統括のマリオ・ロベルトは述べた。

「Telloの登場によりって、世界中の授業や校外学習でのSTEM教育に、パワフルな選択肢が生まれました。Tello EDUのコーディング言語と最新のソフトウェア機能の組み合わせは、ドローンの可能性と教育現場での計算論的思考を間違いなく高めていくでしょう。」とIntel Corporationのグローバルエデュケーションセクターのジェネラルマネージャー Brian Gonzalez氏は述べている。

価格と販売時期
Tello EDUの小売価格は16,800円(税込)とし、11月15日よりDJIオンラインストア、store.dji.com、Appleオンラインストアapple.comおおよび一部のAppleストアで販売を開始する。Tello EDUは、Telloアプリ、スマートデバイス用Tello EDUアプリ、もしくは、iPad用Swift Playgroundsで操作できる。

製品パッケージには、ドローン本体1台 x 1、予備プロペラ(予備) x 2組、プロペラガード1セット、ミッションパッド x 4枚、バッテリー x1個、1、USB充電ケーブルx1本が同梱され、Tello EDUはGameSir T1d Bluetoothリモート(別売)にも対応している。

Tello EDUについての詳細情報は、以下のリンクからご確認ください。
https://www.ryzerobotics.com/tello

Tello EDUの画像は下記よりダウンロードください。
https://bit.ly/2Di7pGb

Tello EDU紹介映像の動画の視聴:
https://youtu.be/FVYxxHn8R-k

動画Tello” “DJI Stories- Inspiring Girls to Pursue STEM教育から学ぶ女子学生””を特集したDJIストーリー:
https://youtu.be/NUAUXtQOhzs

Tello EDU の詳細情報:
https://www.ryzerobotics.com/tello

「いいね!」を押して
ドローンの最新情報をGET

Twitter で

この記事は私が書きました。