ドローンの未来を発掘するエンターテインメントマガジン DRONE NEXT

ドイツ製のVTOL型固定翼機「Wingcopter」の国内販売を6月から開始

Google+

広範囲の業務に最適な垂直離着陸型の固定翼機

ドローンの販売や産業向けソリューションを展開するSkyLink Japanは、ドイツWingcopter(ウイングコプター)社製の固定翼ドローン『Wingcopter 178 Heavy Lift』の取扱いを開始し、6月から販売を予定している。
『Wingcopter』は、通常のドローンよりも飛行距離や積載効率に優れ、高解像度カメラなどと組み合わせた広範囲インフラの点検や写真測量、また物資輸送などの産業分野でも活用が期待されている。SkyLink Japanは今までのマルチコプター(複数のプロペラを持つドローン)による調査や研究、導入ノウハウを活かし、固定翼ドローンによる産業活用の可能性を広げていく。

一般的な固定翼ドローンは、マルチコプターと比較し飛行距離や安定性に優れているが、『Wingcopter』は特にVTOL(ブイトール:垂直離着陸機)仕様となり離着陸時の滑走路も必要とせず、また折りたたむこともできるため取扱いが容易なうえに、両者の特長を兼ね備えたモデルだ。海外では既に、遠距離での医療品輸送の実証実験なども進められ、今後の活躍が大変期待されている。

■『Wingcopter 178 Heavy Lift』について
・最大飛行速度 約150km/h
・最大飛行距離 約100km
・最大積載量 約6kg
・最大耐風速 約20m/s
・サイズ 高さ52✕幅178✕奥行132cm
・駆動方式 バッテリー/電動モーター(4箇所)
※製品性能は変更される場合あり。

・発売時期 2019年6月(予定)
・販売価格 オープン価格

■ドイツ Wingcopter社について
2011年にドイツで設立されたスタートアップ企業。2016年にUAV市場に参入、多くの賞を獲得しDHL等の国際企業との共同研究などを進める。


@SkyLink Japanー公式サイト
@Wingcopterー公式サイト

「いいね!」を押して
ドローンの最新情報をGET

Twitter で

この記事は私が書きました。