ドローンの未来を発掘するエンターテインメントマガジン DRONE NEXT

【三宅陽一郎×さかき漣】人工知能の専門家から見るドローンの存在 Vol.2

Google+

DJIからPhantom1が2013年に発売されてから早くも5年が経過する。当初は”カメラを搭載する空飛ぶ何か”であり、ラジコンとの違いやドローンの魅力を広く認知するまでに至らなかった。ただ、それ以前にロボットや人工知能に深く精通してきた人から見れば、ドローンの存在や将来像の見方は別物だったに違いない。これから先進的なテクノロジーと融合していくであろうドローンについて、ロボットや人工知能を専門分野とする2人が持論を繰り広げる。
【Vol.1 ロボットとドローンの違いとAIの歴史はこちら】

■プロフィール

●Photo by 松井 慎(Shin Matsui)


映画がヒントになるテクノロジーの過去と未来

——Vol.1では三宅さんとさかきさんに人工知能の歴史について語ってもらい、大変勉強になりました。そこでVol.2では「未来」について考えてみようと思います。早速ですが、さかきさんはSF作家として活躍されていますが、SFの世界ではAIやドローンはどのように描かれているのでしょう?

初めてのドローンを体験し
少々とまどいを隠せない、さかき氏

さかき:私自身の一番新しい本(『エクサスケールの少女』/シンギュラリティ前後の世界を描いたSF小説)でもドローンが登場するんですが、実はこちら(ドロネク!)の取材で初めて実物のドローンが飛んでいる姿をみたんですよ。で、その時「わっ!SFの世界だ!!」ってすごい感動して。

——確かにドローンを初めて見るときは違和感というか驚きはありますよね。さかきさんはどういったところに感動されたのでしょうか?

さかき:私は飛ぶものって、飛行機くらいしかイメージがなかったんですけど、飛行機って飛ぶときにすごく無理があるじゃないですか。滑走路を走って、Gが掛かって、グーッと上がっていくみたいな!ヘリコプターも近づけないくらいのすごい風ですよね。でもドローンは滑走路もないのに、フワッと浮いて、スーッと進んでいくっていう姿が、すごい画期的で、「あ、UFOだ!」って(笑)

三宅:確かに。

さかき:私、映画のスターウォーズが好きなんですけど、エピソード2の未来社会っぽい場面で出てくる空飛ぶ乗り物って、有人飛行機からの発展じゃなくて、無人機(ドローン)からの発展じゃないかと思い込んでるんです。だから私はドローンに未来を見たんですよ!

——近未来的な映画に出てくる乗り物って飛行機というよりは電気を動力にしてフワッと浮くものが多いかもしれません。そういえばドラゴンボールの浮いてる車もドローンっぽい!

 

三宅:僕は昔、JPホーガン(ジェイムズ・パトリック・ホーガン)というSF作家が好きで、そのなかでも1979年に刊行された『未来の二つの顔』という作品があるんですけど。その中にドローンが登場するんですね。

さかき:へー、そうなんだ!1979年にドローンの発想があるってすごい!

三宅:どういう話かというと、「人間と人工知能は共存できるのか?」という喧々諤々の議論が地球で起こって。「じゃあ、一度試してみよう」ということで宇宙ステーションに人間と人工知能が共存する実験場所を作るんですね。その人工知能は、今でいうシンギュラリティを超えている人工知能で、自分で自分を作り出せるという・・・。で、この人工知能を搭載したドローンはドローンを作り続けるんですよ。そこで人間は、その装置を壊そうとする。

さかき:何で壊そうとするの?

三宅:人間を支配しようと考え始める。ドローンの数が少ないうちは人間が制御できるけど、彼らは工場を作って、ドローンをどんどん製造してどんどん拡大していく。で、それを阻止しようとドローン戦争みたいなのが起こるんだよね。けっこう本格的なSF映画で、これが1978、9年くらいに書かれていることがすごい。なので、この作品がドローンの定義にも結構影響を与えたんじゃないかと思うんです。

さかき:そうなんだ。今ではよくある展開だけど時代を考えるとすごい作品!

三宅:で、星野之宣(ほしのゆきのぶ)さんってSF漫画の方がいるんだけど、その方が1993年にこの作品を漫画化していて、そのなかにドローンの絵も描いてるんです。ドローンが流行る以前の話しなんですけどね。だから、ほんとなぜ今なのかと。昔からドローンという概念があって、1979年に小説を読んだ人が80年代に開発しても全然おかしくないなと思う

さかき:その作家さんはアメリカ人??だとすると、軍事的な規制で民間の開発が止められてとか?だってこれ(ドローン)スゴい技術じゃないですか。簡単に戦争ができちゃうんだもん。
※ジェイムズ・P・ホーガンはイギリス、ロンドンの生まれ

三宅:だからもっと早くあってもおかしくない。ベトナム戦争とか、湾岸戦争で人間とドローンが入れ替わってても良かったんじゃないかと。

さかき:でも、それって何か痛しかゆしで。私は戦争に関して、超リベラルというか平和主義者なので、結局代理で戦争させるといっても殺し合いじゃないですか。なので、永遠のテーマだと思っていて、将来AIロボットとドローンを利用した戦争が起こってしまうと思う。

三宅:でも、相手もそれ(AIロボットとドローン)だから、人間が行かなくてもいい。

さかき:えっ、でも「殺戮行為によって何かの結果を出す」って精神自体は変わっていかない。それっておかしくないですか!?

三宅:そもそも殺戮するとか破壊することは必要無くて、“ロボットオリンピック”みたいなのをやればいいんですよ。

一同:…?? ………ああ、なるほど!“ロボットオリンピック”!!

さかき:確かに!テクノロジーが勝っちゃえば戦争しても勝敗はついてるし、わざわざ暴力で争う意味がないから!

三宅:そう。だって性能が上だって証明されれば、実際に戦争したって絶対勝つわけだから。

さかき:すごい!それめっちゃいい!!私AIのことを人前で話すときに「絶対軍事利用が危ない!」、だから国や企業が独占しないで「世界が協調しないとダメだ!」っていつも言っているんだけど。それが今、1個解決しちゃった…、すごい。

 

人工知能の開発はどこまで進んでいるのか

——なんとなくキン肉マンの超人オリンピックが頭をよぎりましたが、それは置いといて…。まさにSF的な発想を元に、ロボットが人類を支配したり、人間と戦い始めるというシナリオはテクノロジーとして将来的に起こりえる話なのでしょうか?

三宅:絶対にあり得ない話ではないですけど、どのみちその命令は人間が出すんですよね?

さかき:だから、ロボットが完全に自律して、自我を持って、人間を滅ぼしてって、彼らは本当の生命になってはいないので、起きるはずがないんですよ。AIがそこまで発達することは、ほぼないと思う。

三宅:さかきさんが言うように、AIがそこまで発達できないっていうのは今の人工知能は“自分で問題を作れない”からなんですよ。「フレーム問題」って言うんですけど。人間が問題を与えて、それを解くのが人工知能。つまり人工知能は世界を体験していないんです。世界から情報を集めて処理をできるような存在が問題に直面するということはほぼない。

——てっきり人工知能=問題を解決してくれる便利な存在。だと思っていましたが、人工知能は問題に対する意識がないということでしょうか?

三宅:そうです。人間はいろいろ体験するから問題に対処しないといけない。家族を守ったりとか。でも人工知能は身体を持たなければ死ぬこともないので、問題がない。そうすると、囲碁にしても人工知能自身が勝ちたい訳ではなく、勝っても何もない。要するに人間が「問題設定と目的」(フレーム)を与えているのであって、問題特化型にならざるを得ないんです。

で、この準備を人間がして、「これ解いて」って言うと、人間より賢くなるんです。その問題に対して。でもその問題から1歩外に出てしまうと一切解けないというのが事実ですよね。断崖絶壁みたいな感じで。だから現時点では総合型は夢のような話です。将来はわかりませんが…。

 

——今回は手元にドローンを用意してみました。現在のテクノロジーで、このドローン(DJI Phantom)のサイズにAIを搭載することは可能ですか?

三宅:全然、問題ないです。もちろん何の人工知能を入れるかによりますけど、最近の人工知能の一部はクラウド上にあるので、ここ(ドローン)に入れる必要は必ずしもないです。

さかき:要はネットワークに繋がってればいいんですよね。

三宅:そうそう。90年代のロボットの発想は「まずロボットを作ってそこに人工知能を載せましょう」というもの。でも今は逆転していて「まず人工知能を作りましょう」。そいつを外に出したいので、乗り物を作りましょうという流れに変わってます。なので、ドローンでも自動販売機でも何でもいい。

——考え方の発想が逆転した要因とはなんなのでしょう?

三宅:昔のロボットは自分の目の画像から、どっちを向いているのか?どこにいるのか?を計算せざるを得なかったんです。ところが、今はGPSで位置情報は一発で取得できちゃうし、仲間の位置も、交通情報も取れちゃう。で、このロボットをネットワークで連携させようというのが今のロボットビジョンですよね。手元のロボットが学習したことを別のロボットが実現する、みたいに一瞬で集合知ができてしまうのが、今のロボットのトレンドです。

さかき:だからロボットもドローンも全部繋がっていて、何ていうか、それぞれが個人じゃないんですよね。私たちはひとつひとつの機体を個として認識しちゃうけど、ネットワークで知識を共有して連携しているので。あと何かが起きたときに法的な責任はどこにあるのかっていう問題もあって。クラウド上の知識だから地球全体の責任?みたいな。

三宅:そうですね。ドローン同士だけじゃなく、ドローンとロボットの連携。例えば、家を管理する人工知能がドローンと連携して「ちょっと屋根の上見てくれない?」って。で、逃げて行った不審者をドローンが追いかけるとか。ほかにも車とドローンとか、色々な組み合わせが可能になる。

さかき:そういう特化したIoTが整備された世界があって、そのなかに未熟だけど汎用性だけは高い“生き物である人間”が共存している。という未来。個人的には少し気味が悪い!それに人間が環境を理解して対応していくには時間がかかるかもしれない。


■作品紹介
人工知能のための哲学塾 東洋哲学編
著者:三宅 陽一郎
人工知能の足場となる西洋哲学を解説した『人工知能のための哲学塾』に続く、待望の第二弾! ゲームAI開発の第一人者・三宅陽一郎氏が、荘子や道元、龍樹、井筒俊彦らの思想から人工知能を探求する一冊です。今の人工知能に足りないものは何か?人工知能に欲望を与えるには何が必要なのか?そもそも知能の実体とは何か?本書はさまざまな角度から問いを投げかけます。西洋哲学では語られることのない部分、階層構造で示される知能モデルの”果て”に何があるのかをあぶり出し、すべてが存在する世界から”知能が拠って立つ場”を形成しようという試み。人工知能の次なるステージに迫ります。

エクサスケールの少女
著者:さかき 漣

30年後にやってくる人工知能が人間を超える“シンギュラリティ”(技術的特異点)。その前段階としてこの10年以内に起こるのが「エクサスケールの衝撃」だ。スパコンの計算処理能力によって、医療・物理・宇宙工学などに革命を起こし、人間生活を大きく変えることとなる――。深い孤独を抱えるスパコン研究者・青磁の前に現れた万葉集を愛する謎の美女・千歳。二人は古からの運命に導かれ、京都から東京、そして神話の里・出雲へ。“シンギュラリティ”(技術的特異点)を迎えたとき、人類の向かう先はユートピアか? それとも……。善と悪。過去と未来。生と死。人間とAI……。太古から続く運命の糸が織りなす「利己」から「利他」への壮大な物語が、今はじまる。

■第三回「宗教から見た“ロボット観”」に続く…

「いいね!」を押して
ドローンの最新情報をGET

Twitter で

この記事は私が書きました。

DRONE NEXT編集長。1989年静岡県生まれ。自動車業界を経て、学生時代から趣味で乗っていたバイク好きが高じて2014年にバイク雑誌ヤングマシン編集部に配属。ある日、ドローンの新たなる未来と可能性に興味を持ち、2017年5月からドローンのフライトを始め、JUIDA認定校のドローン大学校を修了。