ドローンの未来を発掘するエンターテインメントマガジン DRONE NEXT

ドローンネクスト主催!第1回ドローンビジネス最新トレンドカンファレンスを開催

Google+

1月18日(金)、ドローンネクスト主催の第1回目となる「ドローンビジネス最新トレンドカンファレンス」を開催しました。記念すべき第一回目は”ドローンによる点検業務”をテーマに掲げ、点検業務を展開する3社の代表を招き、ドローンを現場で運用する企業ならではのトークが繰り広げられました。

●Written by 芹澤 優斗(Yuto Serizawa)
●Photo by ドローンネクスト(DroneNext)


滅多に集まることのない3社意見を交わす

メディアやニュースでは、2018年後半から産業ドローンの活用が多く取り上げられるようになってきました。様々な分野で活用事例が取り上げられるものの、いざ自ら事業に起用しようと思うと、コスト面や運用面で課題が出てくるのも事実です。そのような課題や悩みを解決するためにも、ドローンビジネスの現状や疑問回答を伝え、さらにはドローン業界をリードする企業と交流を深められる場として開催されました。
第1回ドローンビジネス最新トレンドカンファレンスでは、ブルーイノベーション株式会社、株式会社スカイロボット、株式会社日本サーキットの代表を迎え、点検サービス・産業スクール・点検用ハード開発の3つの視点からパネルディスカッションを行いました。

株式会社ドローンママの代表である飯原夏子氏が司会進行を務め、ドローン初心者の方から、すでにドローン事業を展開してる方まで幅広い層に役立つディスカッションが繰り広げられ、ドローン導入時の予算や、点検事業の事例、実際にドローンを運用している時に起きたハプニング、屋内点検の需要、今後の機体に求められるもの等々、実際にドローンを運用している方でなければ分からない話も数多く飛び出しました。

来場して頂いた多くの方々は関心深くメモを取り、頷く様子が見受けられました。また、以下のような幅広い業種の方々に来場して頂きました。
・クリエイティブ企業
・ドローン機体開発メーカー
・地方自治体
・気象情報企業
・物流サービス企業
・IT企業
・GNSS開発企業
・電気工事会社
・印刷会社
・保険会社など

各社が展開する本格的な産業ドローンが間近に!

会場には登壇企業による最新のドローンも展示され、公の場では初公開となる産業ドローンもお披露目となりました。パネルディスカッション後の交流会では、登壇企業の代表やスタッフと交流を深められ、個人的な悩みや気になる点についても丁寧に対応する場面がありました。

今後はさらにパワーアップを図り、第2回目となるドローンビジネス最新トレンドカンファレンスも企画中です!今回参加できなかった方も今後の機会にぜひ足をお運びください!

「いいね!」を押して
ドローンの最新情報をGET

Twitter で

この記事は私が書きました。

DRONE NEXT編集長。1989年静岡県生まれ。自動車業界を経て、学生時代から趣味で乗っていたバイク好きが高じて2014年にバイク雑誌ヤングマシン編集部に配属。ある日、ドローンの新たなる未来と可能性に興味を持ち、2017年5月からドローンのフライトを始め、JUIDA認定校のドローン大学校を修了。