ドローンの未来を発掘するエンターテインメントマガジン DRONE NEXT

Japan Drone2018 ピックアップレポート特集Vol.3【サービス編】

Google+

3月22日〜3月24日の3日間、本格的な民生用・商業用ドローン市場に特化したイベントである第3回Japan Drone2018が幕張メッセで開催された。産業向けの機体や、新たにリリースされた測量・点検、物流サービスなど数多くのブースが出展され、ドロネク!取材陣が各ブーススタッフに、より詳しい話を聞き込んできたのでレポートしよう。

Vol.3はドローンの事業サービスをレポート。他のドローンに関するまとめは下記をチェック。
Japan Drone2018 ピックアップレポート特集Vol.1【測量編】
Japan Drone2018 ピックアップレポート特集Vol.2【物流編】

●Written by 芹澤 優斗(Yuto Serizawa)
●Photo by 芹澤 優斗(Yuto Serizawa)


撮影データを3次元データに変換するクラウドサービス

アクアコスモスは、撮影した映像をそのまま3次元マップに変換できる「CVテクノロジー」で事業展開し、バーチャル世界を開拓するデジタルパラレルワールド構想を推進する企業だ。

CVテクノロジーは、Garmin製の360度カメラ(VIRB360)で撮影したデータを変換していく。この360度カメラはドローン用に販売されているものでは無いが、カメラにGPSが内臓されており、カメラの絶対座標を取得できることや、5.7K/30fpsの撮影が可能なことから採用するに至った。

Japan Droneには360度カメラとU-blox製GPSを搭載したInspire2を展示。

アクアコスモスはCVテクノロジーのシステムを活用することで、ユーザーが撮影したデータをもとに映像解析を行い、測量可能な3次元マップを作り出すサービスを提供している。

撮影したデータをアクアコスモスのクラウドにアップすることで、アクアコスモスは3次元データを作成していく。サービスは動画を分単位で解析することが可能で、価格は1分の動画に対して2万円で提供を行う。

この3次元マップは、施設の大きさや、面積を一瞬で数値化することができる。さらにタグを埋め込むことも可能で、ある地点に対して画像や動画をタグで追加する機能を備えている。また、データを数値化するにあたっては、より近い場所で撮影することや、地上のカメラも組み合わせて撮影することで、より精度の高い測量を行える。

使用するソフトウェアはアクアコスモスが独自に開発したもので、3次元マップ上においては、マーキングされた地点をクリックしていくことで、一番近い軌跡を通り、マップ上をサクサク移動することができる点も魅力的だ。

価格は撮影用のドローン機材とソフトウェアをセットにしたフルパッケージでは、約100万円。ドローン機材を含めない場合は初期投資30万円から利用することができる。さらに、ソフトウェアで利用するもののほかに、Webブラウザ上で利用できるサービスも近々サービスを開始する予定となっている。
■問い合わせ
アクアコスモス


ドローンの活用を促進する許可申請アプリ

楽天はドローンの飛行時に許可を必要とする場所を一目で確認できる機能や、さらには飛行に必要な許可をアプリ上から申請できる機能をパッケージにした「楽天エアマップ」を出展。

楽天エアマップの1つ目の役割は、”県や市における詳しい飛行ルールを可視化する”こと。マップ上に赤色やオレンジ色で囲まれた区域では「飛ばせない場所」と「許可を取得すれば飛ばせる場所」を示している。

そして、2つ目の役割は、”飛行許可の申請をデジタル上で行う”こと。マップ上で飛行したいルートを設定すると、その場所を飛行させるのに必要な許可が一覧で表示され、その場で各項目に回答することで、端末上から管理団体へ許可申請を送ることができるのだ。

楽天エアマップは無料アプリとして配信されており、ドローンを活用するユーザーはすぐにでも利用することができる。県や市、施設の業者等が楽天エアマップを導入することで、ユーザーと飛行管理をする自治体や業者を繋ぐサービスとなっている。よって、当アプリで許可を取得できるのは国の規制以外の部分となる。

すでにエアマップの開発国であるアメリカでは、多くの地域で導入されており、エアマップで申請を行うことで急な案件でも手短に申請を許可するなど、発展性を見せている。
■問い合わせ
楽天ドローン


ドローンで気象情報を取得して必要な情報を提供

気象情報を提供するウェザーニューズは「気象情報をどうやってドローンに役立てて行くのか?」「ユーザーにどう提供できるのか?」この2点の面でアプローチを行っていく。

ウェザーニューズはKDDIのスマートドローン構想にも協力しており、ドローンの運航管理において、ドローンが飛ばせる気象であるか?などの情報を提供している。いずれは、ドローンで取得した風量や気圧などの気象情報を、現在一般者向けに提供している天気予報のように、ドローンを運航するために必要な情報として提供していく予定も考案しているという。

また、ウェザーニューズは北海道の高速道路の一部区間において、ドローンを活用して路面温度を測るプロジェクトを開始している。ドローンに赤外線カメラを搭載し、路面状況を監視・予測することで、凍結防止剤の散布などに役立てるというものだ。

今後は千葉県がドローン特区になっていることもあり、ドローン利用者やドローン事業開発者に向けて、有力な気象情報を提供し、発信していく方針だ。
■問い合わせ
ウェザーニューズ


気象をドローンで把握する新技術を開発

日本気象協会は、「ドローンを用いた高層気象観測技術の開発」や「独自気象モデルによるドローン用気象予測」の開発を行っている。

ドローンを活用した気象情報の取得には、風洞実験によるドローンの耐風性能の把握や、ドローンの姿勢データからの風速情報の取得、気象センサーを搭載した上空の観測実証試験などに積極的に取り組んでいる。

これらの取得した気象情報は、ドローン事業者向けに、運行管理の一環として提供していく方針だ。

国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)との取り組みでは、ドローンを利用した性格な気象観測技術を開発し、高度0〜150mでのドローン気象予測を取得。取得した情報をドローン運行管理システム(UTM)へ情報提供を行っている。
■問い合わせ
日本気象協会


続きはこちら
Japan Drone2018 ピックアップレポート特集Vol.4【ハード・用品編】

「いいね!」を押して
ドローンの最新情報をGET

Twitter で

この記事は私が書きました。

DRONE NEXT編集長。1989年静岡県生まれ。自動車業界を経て、学生時代から趣味で乗っていたバイク好きが高じて2014年にバイク雑誌ヤングマシン編集部に配属。ある日、ドローンの新たなる未来と可能性に興味を持ち、2017年5月からドローンのフライトを始め、JUIDA認定校のドローン大学校を修了。