ドローンの未来を発掘するエンターテインメントマガジン DRONE NEXT

JapanDrone2019にてDroneFundの支援も贈られるビジネスコンテスト参加企業を募集中!

Google+

千葉県幕張メッセにて3月13日(水)から15日(金)の期間に開催されるジャパンドローン2019では、選抜企業にDroneFundによるスタートアップ事業支援が贈られるビジネスコンテストや、Best of Japan Drone アワードの開催が予定されています。

●Written by 芹澤 優斗(Yuto Serizawa)


今年から3日間平日開催となるジャパンドローン2019は、今まで以上にドローンビジネスを主役にしたイベントに生まれ変わります。また、毎年恒例行事となる2つのビジネスコンテストも開催を予定しており、現在参加企業を募集しています。
※ジャパンドローン2019についての記事はこちら

第4回 Best of Japan Drone アワード

ドローン産業の発展を奨励することを目的として、出展者の中から、下記3部門において、Best of Japan Drone アワード最優秀賞を贈り、表彰を行うものです。事前審査でノミネートされた製品・サービスをエントリーした出展者が会期中、展示会場内オープンステージにて、プレゼンテーションを行い、最終審査とし、その後、最優秀賞の発表と表彰式を行います。

【公募部門】
ハードウェア部門(ドローン製品など)
ソフトウェア部門(コントロールソフトウェア、分析ソフト、支援技術など)
アプリケーション部門(ドローンを使用したサービス/アプリケーションなど)
※例年より、部門数を集約して、3部門といたしました。

対象 Japan Drone 2019 の出展者であること。
応募条件

①過去1年(2018年1月~12月)以内に発表、発売、サービスが開始されたものであること。マイナーチェンジであっても、性能アップやサービス向上が認められれば、可とします。

②自社開発製品・サービスまたは代理店として販売している場合などは、過去1年(2018年1月~12月)以内に日本国内で販売開始した製品・サービス。

評価項目

①独創性、新規性

②品質または性能の優秀性

③産業界および社会への貢献

④波及効果または実績

⑤話題性または今後の期待度

審査 学識経験者等で構成される審査委員会と事務局が、評価項目に沿ってエントリーされた製品・技術・サービスを審査(一次選考)し、ノミネートとします。ノミネートされた製品・技術・サービスを展示会場内で紹介するコーナーを設置し、出展者ブースでもノミネートがわかるような展示を行います。来場者による投票(3/13~3/14)結果も考慮し、総合的に評価します。
表彰の方法

審査会の結果に投票結果を加味した総合評価により、最優秀賞を受賞した出展者の代表をJapan Drone2019 展示会場内オープンステージにて表彰いたします。

日時:2019年3月15日(金) 時間等詳細は別途お知らせします。
場所:幕張メッセ 展示ホール3 Japan Drone 2019 展示会場内ステージ
表彰は1部門につき、最優秀賞1件とし、賞状と副賞を贈与します。

【主催・運営】
主催:一般社団法人日本UAS 産業振興協議会(JUIDA)
運営:Japan Drone 運営事務局

 

DRONE Business Challenge PLUS+

ドローン産業の発展を奨励することを目的として、ドローン関連の事業アイディアならびにスタートアップ企業支援のためのコンテストです。出展の有無にかかわらず誰でも応募可能。世界で開かれたコンテストとなっているため、日本のみでなく海外からの応募も受け付けます。Drone Fundの協力のもと優秀なアイディアには「ベストチャレンジ賞」を贈呈し、事業化に向けての支援の対象とします。

 

対象部門

①スタートアップ部門(登記された法人格であることが求められます。国内と海外も含まれます)

②一般部門(個人、プロジェクト単位での応募も可)

応募条件

①原則として起業から3期目以内であること。実際に事業を営んでおり、年間の売り上げが5千万円未満であること

②特に制限はありません

③応募は日本語もしくは英語とする

評価項目

①独創性や新規性があること

②品質または性能の優秀性

③産業界および社会への貢献度

④応募者の熱意が感じられること

応募方法と要件

いずれもメール添付もしくはファイルサービスなどを使用して事務局あてご提出ください。

①スタートアップ部門の応募要件
製品・技術・サービスなどの形状や仕様がより理解しやすくなるよう、製品(もしくはサービス等)概要のほか3~5ヵ年程度の事業計画書、設計図面、仕様書、画像・映像などを添付すること。

②一般部門の応募要件
ビジネスアイディアについて以下のものを含むこと。概要、完成予想図面、ビジネスプラン(3年程度)、写真(もしくは映像)、応募者のプロフィール、そしてアピールポイント。

※上記書面全ての提出を義務付けるものではありませんが、具体的なビジネスとしての構想がわかるものをご用意ください。

応募受付期間 受付開始:2018年11月20日(火)
受付締切:2019年2月18日(月)<必着>
審査

審査委員会と事務局が、評価項目に沿ってエントリーされた製品・技術・サービスを審査し、ノミネートとします。

<審査委員会>

  • 審査委員長

千田泰弘:一般社団法人日本UAS産業振興協議会 副理事長

  • 審査委員

千葉功太郎:Drone Fund 創業者/代表パートナー

大前創希 :Drone Fund 共同創業者/代表パートナー

高橋伸太郎:Drone Fundパートナー/最高公共政策責任者

今井大介 :Drone Fundアドバイザリーボート/アスラテック㈱ロボットエバンジェリスト

立花敏男 :日本総合研究所 執行役員 リサーチ・コンサルティング部門長代行

<審査スケジュール>

審査スケジュール

賞について

予備審査にプレゼンテーションの結果を加味した総合評価により、最優秀賞を受賞した応募者の代表をJapan Drone2019 展示会場内オープンステージにて表彰いたします。

  • ベストチャレンジ賞

    ※Drone Fundからの出資検討対象になります。詳細はDrone Fundパートナーとの面談等を経て決定します。

  • JUIDA賞

    ※詳細は後日発表します。

<表彰式>

日時:2019年3月14日(木) 時間等詳細は別途お知らせします。
場所:幕張メッセ 展示ホール3 Japan Drone 2019 展示会場内ステージ

アイディアの取り扱い
  • エントリーされたアイディアの知的財産権は、応募者に帰属します。エントリーにあたっては応募者の責任において必要な権利保護等の手続きをすることとし、知的財産権に関して生じた問題の責任について、主催者は一切の責任を負わないこととする。
  • 受賞アイディアは、主催者の裁量により、全部または一部を公開し、各種媒体により広報目的で発表する場合があることを予めご了承ください。
  • エントリーされるアイディアは、応募者自身のオリジナルであることとし、他のコンテストなどへ応募したものでも可とする。
  • エントリーされたアイディアが、第三者の知的財産権を侵害していることが判明した場合、または既に公表されている他(他社)のアイディアと同一もしくは酷似している場合、受賞結果発表後であっても受賞を取り消すことがあります。
問い合わせ先 Japan Drone 運営事務局内 ドローンビジネスチャレンジ係
TEL: 03-3512-5672
Email:

【主催・運営】
主催:一般社団法人 日本UAS産業振興協議会(JUIDA)
共催:Drone Fund
運営:Japan Drone 運営事務局


@ジャパンドローン2019イベント概要

「いいね!」を押して
ドローンの最新情報をGET

Twitter で

この記事は私が書きました。

DRONE NEXT編集長。1989年静岡県生まれ。自動車業界を経て、学生時代から趣味で乗っていたバイク好きが高じて2014年にバイク雑誌ヤングマシン編集部に配属。ある日、ドローンの新たなる未来と可能性に興味を持ち、2017年5月からドローンのフライトを始め、JUIDA認定校のドローン大学校を修了。