ドローンの未来を発掘するエンターテインメントマガジン DRONE NEXT

2つのプロペラとジャイロ効果で安定性抜群な空飛ぶVTOLバイクが登場!

Google+

11月初旬にドバイ警察が2020年を目処に”空飛ぶバイク”の導入を検討していると発表しました。すでにパイロットの訓練も開始しており、実現に向けて動いています。完成度の高い空飛ぶバイクが登場することで、さらに空の乗り物に対する期待が高まるなか、新たな空飛ぶバイクがThrust cycle社から登場しました。

●Written by 芹澤 優斗(Yuto Serizawa)


最新技術を詰め込んだ15万ドル(1700万円)のS3 2019 Hoverbike

11月初旬に世間を賑わせた空飛ぶバイクは、カリフォルニアのスタートアップ企業であるHoversurf社(ホバーサーフ社)が開発した「S3 2019 Hoverbike」と名付けられた垂直離陸可能な電動ホバーバイクです。ドローンのマルチコプターと同様に4つのプロペラを四方に備えています。


バイクのように跨った姿勢で乗るもので、最大5メートルの高さを安全に飛ぶことが可能。最高速度は時速70kmを上回ります。訓練の模様を撮影した動画では高さ1メートル程度の飛行しかしていませんが、完成度の高い安定性はしっかり確認できます。ただし、飛行時間は10分〜25分程度。ドローンもエアモビリティもバッテリーの進化が今後必須となりそうです。今後の活用に向けて、Hoversurf社ではすでにS3 2019 Hoverbikeの量産にも成功したと発表がありました。

 

プロペラ2つでもジャイロの力で安定するコンセプトモデル

Hoversurf社に続き、Thrustcycle Enterprises社(スラストサイクル社)では垂直離着陸(VTOL)型のGyroDrone Conceptを発表しました。S3 2019 Hoverbikeと大きく違う部分は、2つのプロペラで安定した飛行を実現した点です。Thrustcycle Enterprises社ではジャイロスコープを加速度計やその他の同様のアプリケーションのセンサーとしてのみ使用する他のコンセプトとは異なり、独自のブルートフォースジャイロスコープを使用して垂直安定性と制御を維持します。

Thrustcycle Enterprises社はこれまでに、停車してもジャイロの力で自立する二輪車を研究し続け、絶対に転倒しないバイクGyro Force(ジャイロ・フォース)を開発しました。GyroDrone Conceptにも今までに培ったジャイロのノウハウが詰め込まれています。

GyroDrone Conceptは現時点ではコンセプトモデルとなっており、実用化や量産化については今のところ未定となっています。


現在日本をはじめ、各国で空飛ぶクルマのプロジェクトが進んでいますが、クルマよりも先に手軽な空飛ぶバイクが広がるかもしれません。ちなみに、2017年には世界最高峰のバイクレースであるMotoGPにHoversurf社のScorpion-3が登場し、デモフライトを行いました。


@Dubai Police start training on flying motorbikes-CNN
@Futuristic GyroDrone Concept VTOL Aircraft Uses Two Gyroscopes to Maintain Stability and Control-Tuvie
@Thrustcycle

「いいね!」を押して
ドローンの最新情報をGET

Twitter で

この記事は私が書きました。

DRONE NEXT編集長。1989年静岡県生まれ。自動車業界を経て、学生時代から趣味で乗っていたバイク好きが高じて2014年にバイク雑誌ヤングマシン編集部に配属。ある日、ドローンの新たなる未来と可能性に興味を持ち、2017年5月からドローンのフライトを始め、JUIDA認定校のドローン大学校を修了。